目次 目次

GOMIHACK

ゴミ屋敷の片付け費用の相場を解説!安く済ませるコツも紹介

ゴミ屋敷の片付け費用の相場を解説!安く済ませるコツも紹介
著者 坂本 貴志

「ワンルームの片付け費用の相場はいくら?」
「一軒家の片付け費用にいくらかかる?」
「ゴミ屋敷の片付けサービスにはどのような作業が含まれるの?」

ゴミ屋敷の片付け費用は現場の状況によって異なるので、一概に金額は特定できません。そのため、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼したいと考えていても、妥当な金額がわからないために行動に移せない人も多いはずです。

また、高額請求をされないか不安を感じて片付け業者への依頼をためらっている方もいるでしょう。

この記事では、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合にかかる費用の相場や、含まれる作業内容などをそれぞれ解説します。

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合にかかる費用相場を把握できれば、依頼しようか決断できるようになるので、ぜひご一読ください。

この記事を読んで分かること

  • ゴミ屋敷の片付け費用の相場
  • 片付け費用が高くなる理由
  • 費用を安くするコツ

ゴミ屋敷の片付け費用の相場

ゴミ屋敷の片付け費用の相場

ゴミ屋敷の片付け費用は、部屋の間取りや不用品の量によって異なるため、目安の料金であっても4万~24万円前後とかなり幅があります

部屋の間取りごとにかかる片付け費用の相場を、以下の表にまとめてみました。

部屋の間取り 作業者人数 料金目安(税込)
1K・1R 1人~ 43,000円~
1DK 1人~ 50,000円~
2LDK 2人~ 135,000円~
3LDK 3人~ 185,000円~
4LDK以上 4人~ 244,000円~

列挙した5つはあくまで参考価格であり、実際には現場の下見と見積もりをして正確な金額が決まります。ゴミの回収以外にも消毒やエアコン清掃など、追加作業を依頼すると料金が加算されます。

したがって、Webサイトやチラシに掲載されている料金は参考程度に考えておきましょう。

ゴミ屋敷の片付け費用の決まり方

ゴミ屋敷の片付け費用の決まり方

多くのWebサイトで費用が部屋の間取りごとに表示されているのは、利用者がイメージしやすくするためです。実際のゴミ屋敷の片付けにかかる費用は、以下の要素で変動します。

  • 不用品の量はどれくらいか
  • 何人で片付け作業を行うか
  • どの大きさのトラックで運び出すか
  • 作業時間はどれくらいか

つまり、同じ間取りのゴミ屋敷であっても不用品の量が多く、大きなトラックが必要で、長時間に渡ると判断されると料金が高くなります。

間取りの料金表はあくまで目安なので、正確な金額を把握するためには、ゴミ屋敷の下見と見積もりをしてもらうようにしましょう

ゴミ屋敷の片付け費用に含まれるサービス内容

ゴミ屋敷の片付け費用に含まれるサービス内容

ゴミ屋敷の片付けサービスは、以下の作業が含まれています。

  • ゴミ分別作業
  • 搬出作業
  • 収集運搬
  • 不用品処分

依頼を受けた業者は自治体ごとの決まりに従い、不用品の処分まで行います。基本的に家の住人は何もしなくても、ゴミ屋敷の片付けは完了します。

ただし、サービスの中心はゴミや不用品の搬出と処分でありゴミ撤去後の部屋にこびり付いた汚れや損傷の修復は作業に含まれません。したがって、ゴミ屋敷の片付けに限らず清掃作業も依頼したい場合は、見積もりの段階で共有しておきましょう。

ワンルームや一軒家のゴミ屋敷片付け費用の実例3選

ワンルームや一軒家のゴミ屋敷片付け費用の実例3選

ワンルームや一軒家の実際の片付け費用を、3つ紹介します。

  1. 一人暮らしワンルームの片付け費用
  2. 3DKのゴミ屋敷の片付け費用
  3. 3LDKマンションの片付け費用

片付けたいゴミ屋敷の状態や間取りから、どれくらいの費用がかかるのか参考にしてみてください。

一人暮らしワンルームの片付け費用

床の大部分が見えなくなるくらい不用品があるワンルームを片付けた場合の費用は、以下のとおりです。

部屋の間取り 1R
回収費用 68,000円(税込)
回収量 2tトラック1台分
作業時間 4時間
家電リサイクル対象品 なし

回収した不用品の量は可燃物100kg、不燃物80kgほど。当事例では他にも、扇風機やストーブなどの不用品を回収しています。

ワンルームの片付けは軽トラックで対応できる場合が多いですが、本ケースのように2tトラックが必要な場合は費用も高くなります。

3DKのゴミ屋敷の片付け費用

各部屋に不用品が積み上げられている3DKの一軒家では、片付けにかかる費用は以下のとおりです。

部屋の間取り 3DK
回収費用 198,000円(税込)
回収量 4tトラック2台分
作業時間 12時間
家電リサイクル対象品 なし

運び出した不用品は可燃物が約400kgと不燃物300kgほどです。その他には、雑誌や洋服タンス、大量のダンボールなどを処分しています。

3LDKマンションの片付け費用

3LDKマンションで窓の開閉ができないくらいに部屋の中に不用品が積み上がっている状態の片付け費用は、以下のとおりです。

部屋の間取り 3LDK
回収費用 398,000円(税込)
回収量 4tトラック3台分
作業時間 24時間
家電リサイクル対象品 ・テレビ

・冷蔵庫

・洗濯機

不用品の量は可燃物が約600kg、不燃物が400kgほどあり、他にもタンスや収納ケースの運び出しも行っています。リサイクル料金の支払いが必要なテレビや冷蔵庫、洗濯機を処分しているため、処分費用が高くなっています。

他の間取りの事例については「ゴミ屋敷清掃の料金」のページにて紹介しています。気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ屋敷の片付け費用が高くなる3つの理由

ゴミ屋敷の片付け費用が高くなる3つの理由

ゴミ屋敷の片付け費用が高くなる理由を3つ紹介します。

  1. 部屋の清掃と消毒
  2. 家電や水回りの整備
  3. 家電リサイクル法の対象家電の処分

サービスの範囲が業者によって異なるので、見積もりを出してもらう際に追加料金がかかる作業内容を確認しておきましょう。

部屋の清掃と消毒

床や壁に染み付いた汚れの清掃を頼む場合は、基本的に追加料金が発生します。不用品を撤去すると、部屋の床や壁が想像以上に汚れている場合が多いです。

実際に長年放置されて染み付いた壁や床の汚れは、簡単に取れるものではありません。汚れを放置すると、ゴキブリなどの害虫が湧きやすくなります。そのため、ゴミ屋敷を片付けた後に快適に生活を送るのであれば、追加作業として部屋の清掃や消毒、殺菌を行うのがおすすめです

ゴキブリが湧いているゴミ屋敷を掃除する方は、以下の記事がおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

家電や水回りの整備

ゴミ屋敷ではトイレやキッチンの水回り、洗濯機などが使用不能になっていることが多く、点検や修理が必要なことも珍しくありません。もちろん、水廻りの点検・修理は不用品の片付けとは異なるため、別料金となります。

ゴミ屋敷で頻繁にある清掃作業の内容は、以下の通りです。

  • エアコン内部の清掃
  • トイレの汚物撤去
  • 水道や風呂などの水回りのクリーニング

家の機能を取り戻すためにも、上記の作業は必要不可欠ですしたがって、ゴミ屋敷の片付け費用に水廻りの清掃作業の分が追加でかかることは、理解しておきましょう。

家電リサイクル法の対象家電の処分

不用品の中に家電リサイクル法対象の家電があると、別途リサイクル料金などの支払いが必要になります。対象となっているのは、以下4品目の家電です。

  • エアコンや室外機
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • テレビ
    (ブラウン管・液晶・プラズマを含む)
  • 冷蔵庫・冷凍庫

上記の家電は家電リサイクル法により処分の際にリサイクル料金を支払い、適切に処分することが法律で決められていますしたがって、ゴミ屋敷の片付け費用とは別に費用が追加されます。

リサイクル料金は品目とメーカーによって異なり、以下のページにて調べられるので、処分する家電がある方は参考にしてみてください。

【参考】再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)|一般財団法人 家電製品協会

ゴミ屋敷の片付け費用を安くする3つのコツ

ゴミ屋敷の片付け費用を安くする3つのコツ

ゴミ屋敷の片付けにかかる費用は、間取りと不用品の量によっては高額になるので、安く済ませる方法を知りたい方は多いはずです。費用を安くするコツは、以下の3つです。

  1. 自力でできるだけ不用品を処分する
  2. ゴミを分別しておく
  3. 買取りサービスを利用する

ぜひ参考にしてみてください。

自力でできるだけ不用品を処分する

業者に依頼する前に、可能な限り自身で不用品を処分しておけば、処分費用を安く抑えられます。依頼前に不用品の量を減らせれば、片付け作業に必要な人数も少なく済み、不用品を運び出すトラックを小さくできるので、費用も安くなります。

無理のない範囲で普段から簡単に捨てられるゴミを集めて、お住まいの自治体のルールに従って処分するだけで十分です。

自身で捨て方がわからない物や、移動させるのが難しい大型家具の処分だけを業者に任せるくらいの状態が、理想の形と言えます。

ゴミを分別しておく

ゴミ屋敷の片付けで最も時間がかかるのが、ゴミの分別作業と言われています。お住まいの自治体で決められているルールに沿って事前にゴミを分別しておけば、作業時間が短縮でき、片付け費用も安くなります。

分別は「家電」や「衣服」といった大まかな分類で構わないので、分別して集めておきましょう。大まかに分別できているだけでも、業者の作業時間を短縮でき、費用の節約につなげられます

買取りサービスを利用する

ゴミの処分だけでなく買取りサービスを提供している業者もあるため、積極的に利用すれば処分費用を安くできます。

不用品の中には、買取り対象になる物品や家電が含まれているケースは少なくありません。買取り可能な不用品が多くあるほど、片付け費用を安くできます

実際に見てもらわないと値段が付くかどうかわからないので、見積もりを取る際に、買取り可能か否かを担当者に確認しましょう。

また見積もりを取る前に不用品の分別ができていれば、業者側も査定の作業をしやすくなり、片付けにかかる時間の短縮にもつながります。

ゴミ屋敷の片付けを業者に任せる3つのメリット

ゴミ屋敷の片付けを業者に任せる3つのメリット

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すると、以下3つのメリットが得られます。

  1. 時間と労力をかけずに片付けられる
  2. 近所の迷惑にならない
  3. ゴミ屋敷の再発化を防げる

それぞれ確認していきましょう。

時間と労力をかけずに片付けられる

業者に依頼すれば自分の時間や労力を使わずに、ゴミ屋敷にある大量の不用品を一気に処分できます。逆に自力でゴミ屋敷の片付けをする場合、時間的な余裕と体力が必要になります。

実際に作業をしてケガをしたり、体を痛めたりすることもあるでしょう。

自治体のルールでゴミを捨てる際にも収集日が年に数回しかなかったり、サイズの上限が設けられていたりと、種別によっては制約があります。そのため、自力でゴミ屋敷を片付けるのは時間と手間がかかる点から、おすすめはできません。

しかし、業者に依頼すれば搬出から処分まですべて対応してくれるので、自力で対応することによる問題を一気に解決してくれます。

近所の迷惑にならない

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すれば、近隣住民の迷惑になる事態も避けられます。ゴミ屋敷を放置すると起きる問題を、以下にピックアップしてみました。

  • 近隣への悪臭
  • 害虫の大量発生
  • 火災のリスク

近年では、地方自治体ごとに「ゴミ屋敷条例」も制定されており、近隣住民からの通報があると立ち入り調査や指導が入る場合があります。指導を行っても改善が見られない場合は、ゴミの強制撤去を定めている自治体もあるくらいです。

強制撤去が適用された場合の費用は、持ち主に請求されます。

ゴミ屋敷を片付ければ近隣住民の迷惑や通報を回避できるので、早急に対応しましょう。

ゴミ屋敷の再発化を防げる

業者に片付けを依頼すると、自力ではできないレベルで家がきれいになるため、ゴミ屋敷に戻りにくいこともメリットとして挙げられます。短時間で家がきれいになることで、心理的にも「現状を維持したい」と考え、ゴミを溜め込まないことを意識するようになります。

自力でゴミ屋敷を片付けるとしても、手間と労力がかかり、途中で挫折して元のゴミ屋敷に戻ってしまうケースは少なくありません。

また、片付けが終わっても壁や床の汚れ落としが必要になります。少し片付けを進めたとしても、ゴミが溜まるスピードが上回ってしまうと、元の状態に戻ってしまいます。

ゴミ屋敷の再発化を防ぐと言う意味でも、業者に片付けを依頼するのは非常に効果的です。

ゴミ屋敷の片付けを依頼する業者選びの3つのポイント

ゴミ屋敷の片付けを依頼する業者選びの3つのポイント

片付けを依頼する業者を選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

  1. 一般廃棄物収集運搬業許可を持つ業者か確認する
  2. 費用の安さだけで選ばない
  3. 見積もりは複数社から取る

悪徳業者に引っかかるリスクを避けられるようになるので、ひとつずつ見ていきましょう。

一般廃棄物収集運搬業許可を持つ業者か確認する

ゴミ屋敷の片付けも含め、一般家庭から出る不用品を処分するためには、一般廃棄物収集運搬業許可の取得が必要です。

しかし、許可を持たずに営業している業者が一定数いるため、見積もりの段階で許可業者であることをチェックしましょう。

一般廃棄物収集運搬業は、住んでいる市町村ごとに取得が必要です。そのため、隣町で許可を得ていても、あなたがお住まいの自治体では取得していない、といったケースも考えられます。

一般廃棄物収集運搬業許可を保有しているか否かは、お住まいの自治体のホームページにて公表されています。また、業者のホームページにも明記されています。

一般廃棄物収集運搬業許可を持っていることが確認できない場合は、違法業者の可能性が高いため、依頼するのは避けましょう。

費用の安さだけで選ばない

ゴミ屋敷の片付けは、まとまった金額になる場合が多いです。しかし、値段だけで選ぶと十分な作業をしてもらえない業者に依頼してしまう恐れがあります。

Webサイトやチラシなどの金額を鵜呑みにしてはいけません。見積もりの際に、実際に対応してくれる作業内容と料金を確認して、書面で受け取るようにしましょう。

また、追加料金が発生する作業や金額を聞いておくと、依頼する作業内容を予算に合わせて変更できます。

ゴミ屋敷の状況によっては、積み放題を選んだほうが安上がりになるケースもあるため、担当者に問い合わせてみましょう。親切な担当者なら、安上がりになるプランを紹介してくれるはずです。

ゴミ屋敷の片付けを依頼する際は金額だけで判断せずに、含まれるサービスと追加作業の料金などを確認して選びましょう。

見積もりは複数社から取る

片付け費用の妥当性をチェックするためにも、見積もりは複数社から取りましょう。複数の企業から見積もりを取れば、片付けたいゴミ屋敷の正確な相場を把握でき、金額交渉の材料にもなります。

また、見積もりの金額よりも作業後に追加料金が発生しないことも確認しましょう。

多くの不用品回収業者は、無料で下見や見積もりに対応しています。下見に来ず、見積もりを出さない業者は杜撰な対応をする可能性が高いので、避けるようにしてください。

決して1社だけで判断せず、含まれるサービス内容なども含めて、納得のいく金額を提示してくれる業者を選びましょう。

まとめ:ゴミ屋敷の片付け費用は見積もりで確認するのがおすすめ

まとめ:ゴミ屋敷の片付け費用は見積もりで確認するのがおすすめ

ゴミ屋敷の片付け費用は、現場の下見や見積もりで正確な金額がわかります。場合によっては、驚くような金額になることもあるでしょう。

しかし、自力でゴミ屋敷を片付けて清掃もするとなると、膨大な時間と労力が必要になります。まずは現状を知るために、ゴミ屋敷を片付ける際にかかる費用の見積もりを取ってみるのがおすすめです。

そのうえで、自力で片付けや分別をして可能な限り費用を安くするのも、1つの手段と言えます。

不用品回収相談所では、あなたのご要望に合う不用品回収業者をご紹介します。加盟している業者はすべて市町村が認定した許可業者のみを厳選しています。

下見と見積もりは無料で対応しており、無理な営業も行いません。わかりやすい明朗会計でゴミ屋敷の片付け費用を説明させていただきます。まずは一度、下見と無料見積もりをご検討ください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
X facebook はてなブックマーク Line
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り