目次 目次

GOMIHACK

無料チラシを配布している不用品回収業者は危険?悪徳業者の見分け方を解説

無料チラシを配布している不用品回収業者は危険?悪徳業者の見分け方を解説
著者 坂本 貴志

「不用品回収のチラシが入っていたけど、本当に無料なの?」
「無料チラシの業者に依頼する際の注意点が知りたい」
「無料チラシの業者に依頼した際の被害事例を知りたい」

不用品回収業者のチラシを見て、気になった方は多いのではないでしょうか。

本当に無料で回収してくれるのであれば利用したいところですが「タダほど怖いものはない」と言うように、むやみに利用するのは危険です。

本記事では、チラシを配布している不用品回収業者の特徴や、優良業者か見分ける際に確認すべき点を解説します。

無料とチラシに書いてある業者に依頼した被害事例も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 無料のチラシを配布する怪しい不用品回収業者の特徴
  • 優良な不用品回収業者を選ぶために確認すべき点
  • 無料のチラシに依頼して起きた被害事例

不用品回収のチラシで無料を謳う業者が怪しいと感じる理由

不用品回収のチラシで無料を謳う業者が怪しいと感じる理由

ポストに投函されているチラシが怪しいと感じるのは、無料や格安と過剰に謳っているからです。

ゴミを処分する際は、少なからず料金が発生します。普通の不用品回収業者であれば、小物家具や小型家電であっても500~5,000円程の費用が発生します。テレビやエアコンなど大型家電や粗大ゴミを処分する際は、さらに高額です。

実際の被害事例では無料と謳っているチラシ先に依頼をしたら、トラックに積み込んだ際に料金を請求された、などがあります。

不用品を回収するためには、人件費やトラックの手配など、さまざまな経費がかかることから、本来であれば無料で処分できません。

安いからといって詳細を聞かずに依頼してしまうと、後々料金を請求されてトラブルになるケースがあるので、気を付けましょう。

チラシを配布する不用品回収業者の目的

チラシを配布する不用品回収業者の目的

不用品回収業者がチラシを配布する理由は、以下の2つです。

  1. 不用品回収業者の認知度拡大
  2. 回収した不用品を販売する

不用品回収業者の認知度拡大のために行う場合は、チラシに会社名やホームページのURLが記載されています。あわせて、回収できない不用品や有料で回収できる物など、詳細が書かれています。

無料回収を謳っていたとしても、後になって「リサイクル料」という名目で費用を請求してくるケースも少なくありません。優良な業者であると確信できない限りは、利用しないのがおすすめです。

チラシを配布する怪しい不用品回収業者の特徴3つ

チラシを配布する怪しい不用品回収業者の特徴3つ

無料や格安と謳っているチラシがポストに投函されている際は、事前に詳細を確認しましょう。トラブルに巻き込まれないために、不用品回収業者に依頼する際に確認する項目を3つ紹介します。

会社名とURLが記載されていない

チラシに会社名やホームページのURL、会社の電話番号が記載されていない場合は、まず利用するのを止めましょう。個人の電話番号しか載っていない場合、後からトラブルになったとしても問い合わせができません。

個人事業主として不用品回収を行っている可能性が高いので、もし依頼する場合は名刺の提示を求め、連絡先も確認しましょう。

回収できる不用品が記載されていない

回収できない物が記載されていなかったり、無料で何でも回収すると謳っていたりする場合は、利用する前に確認しておきましょう。料金が発生する不用品や、依頼してみたけれど回収されずに断られるケースがあります。

実際に、優良な不用品回収業者でも回収できない物がいくつかあります。回収用のトラックに詰め込めないほどの大きな物や、石やタイヤなど、リサイクルが難しいものです。

利用するときになって回収できない、ということにならないように、事前に聞いておくことが大切です。

リサイクル家電を無料で回収する記載がある

リサイクル家電を無料で回収する記載がある場合も、疑ったほうがいいでしょう。エアコンやテレビなどの家電リサイクル法の対象品は自治体では回収できず、対応できる業者が決められています。

他の不用品よりも回収するためのハードルが高いことから、無料回収を謳っていても依頼する際は慎重に検討しましょう。

優良な不用品回収業者を選ぶためにチラシと対面で確認すべき項目7選

優良な不用品回収業者を選ぶためにチラシと対面で確認すべき項目7選

不用品回収業者に依頼する際に、優良業者を選ぶための確認すべき項目は以下の7つです。

  1. 責任者・担当者の名前がある
  2. 事業所の住所と電話番号の記載がある
  3. 不用品回収・買取りに必要な許認可の記載がある
  4. 名刺を提示してくる
  5. 清潔感がある
  6. 見積もり金額を提示してくれる
  7. 回収できない不用品を事前に伝えてくれる

ひとつずつ見ていきましょう。

責任者・担当者の名前がある

信頼できる不用品回収業者のチラシには、責任者か担当者の名前が記載されています。また、名前と併せて写真も掲載しているチラシもあります。

名前と写真を掲載しているチラシは、誠実に営業している優良業者の可能性が高いです。

さらに、信頼できる不用品回収業者は対面で会ったときも名刺を提示します。名前が記載されているのは、責任感を持って誠実に仕事に取り組んでいる証拠と言えるので、信頼してもいいでしょう。

事業所の住所と電話番号の記載がある

チラシに不用品回収業者の住所と連絡先があれば、トラブルになったとしても連絡が取れます。個人事業主の場合、チラシに個人の電話番号しか記載されておらず、つながらないケースもあります。

逆に言うと、住所はもちろん固定電話の番号がしっかり記載されている業者であれば、ある程度は信用してもいいと言えるでしょう。

不用品回収・買取りに必要な許認可の記載がある

チラシの中に不用品回収のために必要な許認可が記載されているかも、確認してみてください。

一般家庭から不用品を回収するためには「一般廃棄物収集運搬業」許可が、法人の場合は「産業廃棄物収集運搬業」がそれぞれ必要です。

また、回収した不用品を買い取る際は「古物商許可」も必要です。チラシに記載がない場合は、自治体が公表している廃棄物収集運搬業の許可業者リストを確認してみてください。

チラシにも自治体のリストにも記載がない場合は、違法に営業し、不法投棄をしている可能性もあります。不用品回収に関する許認可の所持を確認できない場合は、依頼するのを止めましょう。

名刺を提示してくる

優良な不用回収業者は、依頼者に安心してサービスを受けてもらうために、担当者が見積もりのときに名刺を提示してくれます。

名刺を受け取ったら、以下の情報が記載されているか確認しましょう。

  • 会社名
  • 会社の所在地
  • 会社の連絡先
  • 担当者の名前
  • 不用品回収に必要な免許

名刺は身分を証明するためのものなので、明記されていない業者はむやみに信用しないようにしてください。

清潔感がある

不用品回収業者はサービス業の一種である以上、清潔感は必須と言えます。依頼者の家で作業を行うにも関わらず、社会人としての身だしなみが整っておらず、汚れた服装で来た場合は断りましょう。

信用できる不用品回収業者は依頼者に信用していただくために、身だしなみを整えています。あまりにも清潔感がない場合は、仕事の品質も信用できないので断りましょう。

見積もり金額を提示してくれる

事前に見積もりの金額を提示して、メールや書面で請求額を残してくれる不用品回収業者は信頼できます。

見積書をいただいたら、金額の内訳と作業内容について確認しましょう。

追加料金の有無や、金額に含まれるサービス内容など、認識の相違がないようにすることが大切です。金額に対して丁寧な説明を行ってくれる不用品回収業者は信用できます。

後から言った・言わないのトラブルを防ぐためにも、透明性のある請求書を提示する不用品回収業者を選びましょう。

回収できない不用品を事前に伝えてくれる

優良な不用品回収業者であれば、回収できない物を事前に伝えてくれます。まずは、受け取ったチラシに記載されていないか、確認してみてください。

記載がないようであればホームページを見たり電話で聞いたりしてみましょう。明確に答えてくれるようであれば、見積もりを依頼しても問題ありません。

無料チラシの不用品回収業者を利用したトラブル事例3つ

無料チラシの不用品回収業者を利用したトラブル事例3つ

無料や格安と書いてあるチラシを見て、不用品回収を依頼した際に起きたトラブル事例を3つ紹介します。

  1. 無料なので依頼したが費用を請求された
  2. 回収された不用品が不法投棄されていた
  3. 処分予定のないものまで回収された

対面だと怖くてうまく断れない人もいるので、事前に確認して被害に遭わないように気をつけましょう。

無料なので依頼したが費用を請求された

無料のチラシを見て依頼した際に起きる被害事例で多いのが、料金を請求されることです。チラシに無料と書いてあったので依頼してみたら高圧的な態度で料金を請求され、断れずにお金を払ってしまった事例は少なくありません。

無料と聞いて依頼したにも関わらず、料金を請求されてしまった場合は、消費者生活センターに連絡しましょう。消費者生活センターに連絡すると、相談員が交渉の方法や具体的な解決策をアドバイスしてくれます。

最善の形で切り抜けるためにも、業者とのやりとりや請求書などの記録は残しておきましょう。

チラシの無料という言葉だけ見て依頼すると、トラブルに巻き込まれます。依頼する前に必ず、見積書や契約書をよく確認しましょう。

不用品回収のトラブル事例について知りたい人は、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

回収された不用品が不法投棄されていた

不用品回収業者に処分してもらったと思っていた不用品が、不法投棄されていると警察からの連絡で知らされるケースもあります。

不法投棄する業者は不用品回収に必要な許認可を所持しておらず、お金になりそうな物を残して人目に付かない場所へ捨てます。

不法投棄には個人情報が漏洩するリスクがあるうえに、依頼した側も罪に問われる恐れもあるので、業者選びの段階が非常に大切です。

処分予定のないものまで回収された

処分する予定がない物も、一方的に持って行ってしまう悪徳業者もいます。買取りにも対応している不用品回収業者は、回収した不用品を販売するために、お金になりそうな物を必要としています。

依頼主の見えないところでこっそりと、また何かしら理由をつけて、回収を依頼していない物まで持って行く危険性があるので注意しましょう。

事前に処分するものを伝えることはもちろん、作業中は必ず立ち会うようにするなどの対策を取ることが大切です。

無料チラシ以外で不用品を処分する方法

無料チラシ以外で不用品を処分する方法

無料チラシを配布している業者に依頼する以外で、不用品の処分方法は2つあります。

  • 自治体のルールに従って処分する
  • 有料の不用品回収業者に依頼する

それぞれ解説するので、自分にとって安心できる方法で処分しましょう。

自治体のルールに従って自分で処分する

自分で処分する際は、自治体の規則に従って指定の収集日と方法で処分しましょう。ゴミの種類によりますが、自治体では無料もしくは安価で処分できます。

自治体に確認を取ったり、粗大ゴミの処分に必要なシールを購入したりと手間はかかりますが、安心して不用品を処分できるはずです。

チラシの業者に依頼するのは不安だけど、不用品処分に極力お金をかけたくない方は、自治体の規則にしたがって処分しましょう。

有料の不用品回収業者に依頼する

不用品の量が多く、自治体のルールにしたがって捨てるのが困難な方は、有料で処分を行っている不用品回収業者に依頼しましょう。有料で行っている不用品回収業者は、即日対応や事前の見積もりなど安心して利用できます。

インターネット上の口コミや実績を確認すれば、信頼できそうな不用品回収業者を見つけられます。また繰り返しになりますが、不用品回収業者を選ぶ際は、一般廃棄物収集運搬業許可を保有していることを確認するようにしましょう。

お金を払う分、安心して任せられます。

まとめ:不用品回収を利用する際は有料で行っている業者を利用する

まとめ:不用品回収を利用する際は有料で行っている業者を利用する

無料と謳っているチラシがポストに投函されていても、不安な方は依頼するのを止めましょう。実際にトラブルが多いこともあり、有料で対応している不用品回収業者のほうが信頼できます。

とはいえ、優良業者の見つけ方がわからない方や、不用品回収業者を探している時間がない方は面倒ですよね。不用品回収業者選びで悩んでいる方は、不用品回収相談所がおすすめです。

不用品回収相談所は、市町村認定の優良業者のみが加盟しています。事前の下見や見積もりは無料で行い、料金も安心の明朗会計です。

チラシの無料や格安と謳っている業者ではなく、お金を払ってでも優良な不用品回収業者にお願いしたい方は、ぜひご相談ください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
X facebook はてなブックマーク Line
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り