回収品目

ハンガーラックの簡単な処分方法5選!信頼できる不用品回収業者の選び方も紹介

著者情報

不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事している廃棄物分野のエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。業界団体への講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。 …続きを読む

「ハンガーラックはどうやって処分したらいい?」
「ハンガーラックを処分する際にはどのくらいの費用がかかる?」
「手間をかけずにハンガーラックを処分する方法を知りたい!」

このようなお悩みを抱えていませんか?

引っ越しや買い替えを理由に、ハンガーラックの処分を考えている方もいるのではないでしょうか。できるだけ手間をかけず、簡単に処分できる方法があれば知りたいですよね。

そこでこの記事では、ハンガーラックを処分する方法や費用などを紹介します。

記事を最後まで読むことで、以下3つのことがわかります。

この記事を読んで分かること

  • ハンガーラックを処分する方法が分かる
  • 手間や料金を比べて自分に合った処分方法を選択できる
  • 信頼できる不用品回収業者を選択できる

ハンガーラックの処分を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.ハンガーラックを処分する5つの方法|費用の目安も解説

ハンガーラックを処分する5つの方法|費用の目安も解説

ハンガーラックを処分する方法は、主に以下の5つです。

  • ハンガーラックを分解・分別し処分する
  • 粗大ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者を利用する
  • ハンガーラックを売却する
  • 他人に譲渡する

それぞれの手段について、注意点やかかる手間などを解説します。

1-1.ハンガーラックを分解・分別し処分する

小さいものや解体できるハンガーラックであれば、分解して素材ごとに分別して処分する方法があります。

自治体によって見解や「資源ゴミ・可燃ゴミ」などと名称が異なるので、注意が必要です。例えば、尼崎市では大きさが20~50cmの金属製製品は「金属製小型ごみ」に分離されます。ハンガーラックを分解・分別して処分する際には、事前に市区町村の公式サイトを確認しましょう

資源ゴミや金属ゴミなどとして処分する場合は、自治体が指定した袋に入れるのが一般的です。1枚あたり10〜20円で購入できるため、費用を抑えられるというメリットがあります。

1-2.粗大ゴミとして処分する

分解できなかったりサイズが大きかったりするハンガーラックは、粗大ゴミとして処分しましょう。

主な手順は、以下の通りです。

  1. 各自治体の粗大ゴミ収集受付センターに申し込む
  2. スーパー、コンビニなどで「有料ゴミ処理券」を購入する
  3. 指定された日・場所にハンガーラックを出す

粗大ゴミとして回収してもらうには、事前の申し込みが必須です。各自治体の公式サイトに連絡先が記載されているので、確認して連絡しましょう。

粗大ゴミの回収料金は、地域によって異なります。ハンガーラックであれば300~700円程度です。

1-3.不用品回収業者を利用する

ハンガーラックを処分するなら、不要回収業者に依頼する方法があります。

最大のメリットは、回収から運搬までを任せられることです。大きめのハンガーラックでも、分解したり運び出したりする手間をかけずに処分できます。

さらに、不用品回収業者は、ソファや冷蔵庫などのあらゆる家具・家電を回収してくれます。引っ越しや遺品整理などで不用品が多数出た場合は、利用を検討してみてください。

不用品回収業者へ依頼する際の料金の目安は、5,000~30,000円です。業者によって費用やプランが異なるため、複数社に見積もりを取り比較することをおすすめします。

1-4.ハンガーラックを売却する

まだ使えるハンガーラックであれば、リサイクルショップやフリマサイトを活用して、売却する方法があります。

メリットは、費用を支払わずにハンガーラックを処分できることです。買取代金がもらえれば、収支がプラスになる場合もあります。

買取額の相場は、500~4,000円です。コサインやカリガリスなどの高級ブランドは、10,000円以上の値段が付くこともあります。ハンガーラックを高く売却するためには、汚れや傷を落としておきましょう。

ただし、本体に傷が付いていたり破損していたりすると、値段が付かないケースがあります。フリマサイトやネットオークションなどの個人売却の場合は、なかなか買い手が見つからない可能性もあるので、今すぐに処分したい方は注意しましょう。

1-5.他人に譲渡する

ハンガーラックを処分するには、他人に譲渡する方法があります。欲しい人に譲ることで、無償でハンガーラックを処分できます

他人に譲る場合には、SNSやジモティーなどのコミュニティサイトを活用するのがおすすめです。これらのサイトは複数人に呼びかけられるため、ハンガーラックが欲しい人が見つかりやすいです。

「まだ使えるハンガーラックを捨てるのがもったいない」と考えている方は、他人への譲渡を検討してみてください。

2.ハンガーラックを手間なく処分するなら不用品回収業者!3つの選定ポイントを解説

ハンガーラックを手間なく処分するなら不用品回収業者!3つの選定ポイントを解説

手間をかけずにハンガーラックを処分するなら、不用品回収業者への依頼がおすすめです。しかし、サービスを展開する業者は複数あるため、信頼できるところを選ばなければなりません。

こちらでは、選択時にチェックしたい3つのポイントを解説します。

  • 明確な料金体系か
  • 事例や実績を公開しているか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者か

「信頼できる不用品回収業者にハンガーラックの処分を任せたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.明確な料金体系か

信頼できる不用品回収業者を選ぶには、料金体系が明確かどうかを確認しましょう。

優良な業者であれば、プラン内容や見積もりの明細が分かりやすくなっています一方、悪質な業者は、料金体系が明確になっていない傾向にあります。

不用品回収業者に依頼する前に、以下の3点をチェックしてみてください。

  • ホームページに料金が明記されているか
  • プラン内容は分かりやすいか
  • 見積もりの内訳が明確か

依頼後のトラブルを避けるためには、料金体系に目を光らせることが重要です。

2-2.事例や実績を公開しているか

業者を選択するときは、ホームページに不用品回収の事例や実績が掲載されているかを確認しましょう。信頼できる業者であるかの判断材料になるためです。

例えば、事例・実績と併せて作業内容や料金が記載されていれば、実際に依頼した際のイメージが掴めますそのため、依頼後のトラブルを避けられるでしょう。

事例や実績がある業者は、掲載内容にも着目してみてください。作業前後の部屋の画像やかかった時間など、より詳細なものであれば、安心して任せられる可能性が高いです。

2-3.一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者か

不用品回収業者を選ぶ際には、一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているのかを確認します。不用品を回収する際には、各自治体からの「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です。許可を取得していない業者は違法となるため、依頼は控えなければなりません。

不用品回収業者へ依頼する前に、一般廃棄物収集運搬業許可の表示があるかを必ずホームページで確かめましょう。許可を取っている業者は、一般的に「一般廃棄物収集運搬業許可 第0000号」などの認可番号の記載をしています。

まとめ:ハンガーラックを処分するなら不用品回収相談所にお任せください

まとめ:ハンガーラックを処分するなら不用品回収相談所にお任せください

ハンガーラックを処分する方法は、主に以下の5つです。

  • ハンガーラックを分解・分別し処分する
  • 粗大ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者を利用する
  • ハンガーラックを売却する
  • 他人に譲渡する

それぞれの手段によって、費用やかかる手間が異なるため、自分に合った方法を選びましょう。

手間をかけずにハンガーラックを処分するなら、不用品回収業者への依頼を検討してみてください。自宅まで回収しに来てくれたり、様々な不用品も処分してくれたりします。

不用品回収相談所の加盟業者は、一般廃棄物収集運搬業許可証を取得している不用品回収業者です。法律に基づいた適切な処理を行っています。

電話相談やお見積もり、キャンセル料は無料ですので、ハンガーラックの処分を検討している方は気軽にお問い合わせください。

事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り