目次 目次
目次

回収品目

プリンターを処分する5つの方法|処分費用の相場や無料の捨て方、大手メーカーの特徴を比較

「プリンターの処分方法と費用は?」
「プリンターは無料で処分できる?」

などと、お困りではありませんか?

プリンターは、自治体の不燃ごみ・粗大ごみとして処分できます。そのほか、手間を省いて今すぐ処分したい場合は不用品回収業者の利用もおすすめです。

この記事を読むことで、以下の3つがわかります。

この記事を読んで分かること

  • 自分に適した方法でプリンターを処分できる
  • 処分の費用相場を把握してプリンターを処分できる
  • 今すぐにプリンターを処分できる

プリンターの処分で悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

1.プリンターを処分する5つの方法

プリンターを処分する5つの方法

プリンターの処分方法は、次の5つです。

  • 自治体の不燃ごみ・粗大ごみとして壊れたプリンターを処分する
  • 買取業者・リサイクルショップにプリンターを売却する
  • 不用品回収業者にプリンターの処分を依頼する
  • 買い替えはメーカーや家電量販電の下取り・引き取りを依頼
  • フリマやネットオークションでプリンターを売却する

ここからは、それぞれの処分方法を詳しく解説します。

2.自治体の不燃ごみ・粗大ごみとして壊れたプリンターを処分する

自治体の不燃ごみ・粗大ごみとして壊れたプリンターを処分する

壊れたプリンターや年式の古い製品は、自治体の不燃ごみや粗大ごみとして回収に出せます。

それぞれの規定については自治体で異なりますが、主な規定は次の通りです。

ごみの種類 基準
不燃ごみ 一辺の長さが30cm~50cm未満のもの
粗大ごみ 一辺の長さが30cm~50cmを超えているもの

プリンターは小型家電リサイクルの対象品。自治体のごみとして廃棄せずにリサイクル処分することも可能です。

2-1.粗大ごみとしてプリンターを処分する際の流れ

粗大ごみとしてプリンターを処分する流れは、次の通りです。

  1. 各地域の粗大ごみ受付センターに連絡
  2. 粗大ごみ処理券・シールを購入
  3. 収集日の決められた時間までに指定場所へ持ち込み

粗大ごみ処理券やシールは、コンビニやスーパーで購入可能です。購入後、受付番号や氏名などの必要事項を記載しましょう。

また、粗大ごみの回収日は、各地域の自治体ごとに異なります。粗大ごみではなく不燃ごみとして処分できる場合もあるため、必ず自治体のホームページをご確認ください。

2-2.プリンターが小型家電リサイクル法に該当するなら回収ボックスに捨てる

自治体によってはプリンターが小型家電リサイクルの対象となっていることがあります。この場合、以下の4つの方法でリサイクル処分できます。

回収方法 詳細
ボックス回収 家電量販店や自治体にある回収ボックスに捨てる
ステーション回収 ごみ収集所で資源ごみとあわせて捨てる
ピックアップ回収 不燃ごみとして処分後、清掃工場で選別してリサイクルする
イベント回収 イベントの実施期間内でリサイクル回収する

ボックス回収などを利用すれば、ごみの収集日を待たずにプリンターを処分可能です。

ただし、回収ボックスに入らないサイズのプリンターは小型家電として処分できません。その場合は別の処分方法をご検討ください。

2-3.プリンターを捨てる前に確認すべきこと

プリンターを捨てる前に、購入日を確認しましょう。

プリンターが購入日から5年未満で故障した場合、メーカーに修理してもらえる場合があります。

修理費用はプリンターの種類や状態、メーカーによって異なります。エプソンを例にすると、修理費用は10,000円~20,000円が相場です。

新しくプリンターを購入するよりも費用を安く抑えたい方は、メーカーのホームページを確認し、必要に応じて修理を依頼してください。

3.買取業者・リサイクルショップでプリンターを売却する

買取業者・リサイクルショップでプリンターを売却する

まだ使えるプリンターは、買取業者やリサイクルショップへ売却できる場合があります。

中でも次に該当するプリンターは、高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

  • 年式が新しく有名メーカー製(キャノンやエプソンなど)
  • 不具合や故障がなく状態が良い
  • 使用感が少なく外観に汚れや傷・破損がない
  • 購入時の付属品が揃っている

ただし、壊れているプリンターや年式が古い製品は買い取ってもらえないことが多く、買取業者でも処分費用を請求される場合があります。

処分費用を請求される場合は、自治体での処分や、不用品回収業者の利用など別の方法をご検討ください。

4.不用品回収業者にプリンターの処分を依頼する

不用品回収業者にプリンターの処分を依頼する

プリンターを処分する際には、不用品回収業者の利用もおすすめです。

不用品回収業者は、粗大ごみを含めた家具・家電の処分を請け負います。即日対応可能な業者であれば、今すぐにプリンターを処分できるのがメリットです。

プリンターと一緒に他の家具・家電もまとめて処分したいといった方は、不用品回収業者の利用をご検討ください。

ただし、プリンターの無料回収をうたう業者には要注意。自治体からの許可を受けずに違法回収している可能性があるため、怪しい業者の利用は必ず避けましょう。

5.メーカーや家電量販店に下取り・無料引き取りを依頼|大手7社を比較

メーカーや家電量販店に下取り・無料引き取りを依頼|大手7社を比較

新しいプリンターの購入・買い替えを考えている方は、メーカーや家電量販店の下取り・無料引き取りサービスをおすすめします。

以下の表は、大手メーカーや家電量販店におけるプリンターの下取り・引き取り価格を比較したものです。

メーカー・家電量販店 下取り・引き取り費用 特徴
ヤマダ電機 1,100円で回収 小型家電の一括回収にも対応
エプソン 1,000ポイントで下取り
(1,000円相当)
下取りでポイント付与
キャノン 無料 買い替え時、古いプリンターを無料で回収
ジョーシン 550円で回収 家庭用プリンターを業界最安値の値で引き取り
ケーズデンキ 1,100円で回収 小型家電から大型家電の回収に対応
ヨドバシカメラ 1,100円で回収 1,950円で一括回収が可能
エディオン 550円で回収 400店舗以上がプリンターの回収に対応

※料金はすべて税込です。

ここからは、メーカーや家電量販店ごとの特徴を詳しく解説します。

5-1.ヤマダ電機|小型のプリンターを1,100円で回収

ヤマダ電機は、小型のプリンターを1,100円(税込)で回収。

規定サイズ内の段ボールに小型家電をまとめておくと、1,650円(税込)で一括回収も依頼できます。

ただし、ヤマダ電機またはヤマダウェブコム等でプリンターを購入した方のみが利用の対象です。

自宅に訪問回収を依頼する場合は別途料金も発生するため、一度店舗スタッフへ問い合わせておきましょう。

5-2.エプソン|1,000円相当のポイントで下取り

エプソンは、エプソン製のプリンターをダイレクトショップ内で使用できる1,000ポイントで下取りするサービスがあります。

対象商品の納品書を用意して申し込み、プリンターを梱包して発送することでエプソンに引き取ってもらえます。

ただし、エプソンで下取り回収してもらえるのは法人向けのプリンターのみです。一般家庭の古いプリンターは、別方法での処分をご検討ください。

5-3.キャノン|買い替え時に古いプリンターを無料で処分可能

キャノンの「らくらく買替便」なら、プリンター買い替えの際に古いプリンターを無料で処分可能。梱包の後に納品書と下取り送付状を同封して発送することで回収してもらえます

また、オフィスで不要となったキャノン製のプリンターも有料で回収可能です。

料金の目安として30kg未満のプリンターの場合、回収料金が11,000円。ただし、搬出も依頼する場合は、搬出撤去費が別にかかります。

5-4.ジョーシン|回収料金が550円と安い

ジョーシンは、プリンターを550円(税込)で回収してくれます。

業務用大型プリンターの回収には対応していないため、家庭用のプリンターを処分したい方向けです。

また、事前に連絡することで、商品配達時に引き取ってもらうこともできます。利用の際は、近くの店舗が引き取りに対応しているか調べておきましょう。

5-5.ケーズデンキ|小型家電から大型家電の回収に対応

ケーズデンキでは、プリンターは中型家電に分類され、回収料金が1,100円(税込)です。

小型家電から大型家電の回収に対応しており、引き取りサービスのみの利用も可能です。

ただし、出張回収を依頼する場合は別途料金がかかります。

5-6.ヨドバシカメラ|古いプリンターを1,100円で回収

ヨドバシカメラは、古いプリンターを1,100円(税込)で回収しています。

ただし、3辺の合計が150cm以下かつ20kg以下の家庭用プリンターのみ対象。回収サービスのみ利用される場合は、2,200円の出張費用も別途かかります。

このほか、3辺の合計160cm以内の箱に不要な小型家電をまとめると、1,950円(税込)で回収してもらえます。

5-7.エディオン|全国400店舗以上で回収対応

エディオンは、プリンターを含む小型家電の回収サービスを行っています。

プリンターの回収料金は550円(税込)。3辺(縦+横+高さ)の合計が120cm以下で重さ10kg以下のプリンターが対象です。

フランチャイズを除いた400店舗以上で、プリンターを回収してくれます。近くの店舗が回収に対応しているか、一度ホームページを確認しておきましょう。

6.フリマやネットオークションでプリンターを売却する

フリマやネットオークションでプリンターを売却する

使わなくなったプリンターは、フリマやネットオークションでの売却もおすすめです。

まだ使用できる状態の良いプリンターであれば、買取業者やリサイクルショップよりも高値で売却できる可能性があります。

ただし、プリンターの梱包や発送に手間がかかります。

買い手がつくまでプリンターを保管する必要もあるため、時間に余裕がある方のみフリマやネットオークションでの処分をご検討ください。

7.プリンターは無料で処分できる?処分費用の相場を比較

プリンターは無料で処分できる?処分費用の相場を比較

プリンターの処分方法における費用相場は次の通りです。

処分方法 処分費用の目安
小型家電リサイクル 無料
粗大ごみ 300円~1,000円
家電量販店 550円~1,100円
買取業者・リサイクルショップ 無料
フリマ・ネットオークション 配送料1,100円~
不用品回収業者 無料~3,000円

プリンターを無料で処分したい場合は、小型家電リサイクルや自治体の不燃ごみとして処分、または買取業者への売却や家電量販店の下取りがおすすめです。

しかし、有名メーカー以外の製品や故障・破損しているプリンターは、下取りや買取が厳しくなります。

壊れたプリンターを処分する場合は、自治体や不用品回収業者の利用をご検討ください。

8.プリンターを処分する際の3つの注意点

プリンターを処分する際の3つの注意点

プリンターを処分する際は、以下の3つの注意点をおさえておきましょう。

  • プリンターのインクは外して回収ボックスに入れる
  • プリンターのデータを削除しておく
  • 業務用大型のプリンターは家庭ごみで廃棄できない

ここでは、それぞれの注意点を詳しく解説していきます。

8-1.プリンターのインクは外して回収ボックスに入れる

プリンターのインクやトナーカートリッジはリサイクルできるため、未使用や使用済みに関係なく取り外して処分しましょう。

純正品のインクは、家電量販店や自治体に設置されている回収ボックスに投入するか、メーカーに回収してもらうことで処分できます。

一方で、純正品以外のインクは、自治体のルールに従って可燃ごみまたは不燃ごみとして処分しましょう。

8-2.プリンターのデータを削除しておく

プリンターに残されている個人情報は、処分前に削除しておきましょう。SDカードやUSBメモリを刺したまま処分してしまう可能性もあるので、こちらも確認してください。

HDDが内蔵されたプリンターには読み込んだデータを保存する機能があるため、データを削除せずに処分すると個人情報流出の恐れがあります。

プリンターのデータは、HDDを取り外すか本体を初期化することで削除可能です。

8-3.業務用大型のプリンターは家庭ごみで廃棄できない

業務用大型プリンターは産業廃棄物の扱いとなるため、家庭ごみで廃棄できません。そのため、「産業廃棄物収集運搬許可証」を持つ業者への依頼がおすすめです。

中には、プリンターに記録されたデータを確実に削除したことを証明する「データ消去証明書」を発行してくれる業者もあります。

メーカーや不用品回収業者に依頼して業務用大型プリンターを処分してください。

9.不用品回収相談所の不用品回収の流れ

不用品回収相談所の不用品回収の流れ

不用品回収相談所の不用品回収の流れは、基本的に以下の通りです。

  1. お問い合わせ
  2. 下見訪問・お見積もり
  3. お申込み
  4. 日程調整・回収作業
  5. お支払い

お見積もりや査定は無料でお受けしております。日程の調整を含めて、まずはお気軽にお問い合わせください。

まとめ:プリンターの処分は不用品回収相談所をご検討ください

まとめ:プリンターの処分は不用品回収相談所をご検討ください

プリンターの処分方法は、主に次の5つです。

  • 自治体の不燃ごみ・粗大ごみとして壊れたプリンターを処分する
  • 買取業者・リサイクルショップにプリンターを売却する
  • 不用品回収業者にプリンターの処分を依頼する
  • 買い替えはメーカーや家電量販電の下取り・引き取りを依頼
  • フリマやネットオークションでプリンターを売却する

今すぐにプリンターを処分したい方は、不用品回収業者を利用しましょう。

プリンターの処分にお困りの場合は、不用品回収のプロフェッショナルの不用品回収相談所にお任せください。専門知識の豊富なスタッフが、丁寧に対応いたします。

また、無料でお見積もりや下見訪問をご利用できます。各自治体の一般廃棄物収集運搬業許可を取得した加盟業者がお伺いいたしますので、安心して不用品回収相談所へご依頼ください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り