目次 目次
目次

回収品目

金庫の処分方法4選!簡単に処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「古くて壊れた金庫を処分したい」
「金庫以外にもあらゆる不用品を一度に処分したい」
「買い替え時に古い金庫をどうすればいいか分からない」

このように、金庫の処分でお困りではないでしょうか?

大切な財産や貴重品を守るのに欠かせない金庫は、長期間使用されることが多く、処分されることはなかなかありません。そのため、多くの方が金庫を処分する時に困惑してしまいます。

また、金庫を家庭ゴミとして扱わない自治体が多く、業者に依頼することで高額な料金を請求されトラブルに巻き込まれるケースも。

トラブルなくスムーズに金庫を処分するため、この記事では具体的な方法や料金の相場について紹介していきます。

記事を最後まで読むことで、次の行動が可能です。

この記事を読んで分かること

  • 金庫を処分する時にやるべきことが分かり、スムーズに動ける
  • 最適な業者の選び方をもとに、信頼できる依頼先を探せる

金庫処分を格安で済ませたい方や、上手に売却して利益を出したい方は、ぜひこの記事を最後までお読みください。

目次

1.どんな業者に金庫の処分を頼める?4つの処分方法を紹介

どんな業者に金庫の処分を頼める?4つの処分方法を紹介

金庫を手放す際、自治体によっては家庭ゴミで処分することができません。業者に処分を依頼したり、売却したりする4つの選択肢が一般的です。

  • 不用品回収業者
  • 金庫回収業者・鍵屋
  • 購入したお店
  • リサイクルショップやネットオークションで売る

それぞれの依頼先により金庫の処分料金や手間が大きく異なるので、注意が必要です。金庫の状態や、ご自身の都合に合わせて処分方法を選択しましょう。

2.不用品回収業者に金庫の処分を依頼する方法

不用品回収業者に金庫の処分を依頼する方法

不用品回収業者とは、一般家庭にある不用品を、リユース・リサイクルするために回収してくれる業者のことです。

事前に申し込みをすると、不用品回収業者が自宅まで金庫を引き取りに来てくれることが特徴です。ほとんどの業者では金庫単品だけでなく、回収用の車に乗る範囲であれば他の不用品も一緒に持ち帰ってくれます。

また一部の不用品回収業者では、回収した金庫を買い取りし、お金に換えてくれるサービスも行っています。

2-1.不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼すると、どのような状態の金庫でも運搬から処分まで一貫して対応してくれることがメリットです。重くて動かせない大型の金庫でも、自分の手で運ぶ必要はありません。

壊れていたり、売れるかどうか微妙だったりしても、金庫の状態に関わらず処分をお任せできます。

ただし、悪質な業者に依頼してしまうと、高額な料金を請求されるなどのトラブルが発生するデメリットもあります。とはいえ口コミなどをよく確認し信頼できる不用品回収業者を選べば、大きなトラブルに巻き込まれることはありません。

2-2.不用品回収業者の料金相場

不用品回収業者に金庫単品での処分を頼むと、3,000円程度〜の費用が発生します。ただし単品回収では、金庫の大きさやメーカーによって料金が変わるケースがあるので注意しましょう。

不用品回収相談所では、金庫を含む軽トラック1台分の不用品を、19,800円から回収しています。複数の金庫や、他にもあらゆる不用品を一度に処分したいとお考えの方には、不用品回収相談所のようなパック料金の不用品回収業者がおすすめです。

また、一人で運べないくらい大きな金庫は、トラックや人手を用意するために費用がかかる時もあります。

回収料金がやや高いと感じてしまうこともあるかもしれませんが、支払額よりも高い価格で売れれば、手元にお金を残せるでしょう。

3.金庫回収業者・鍵屋に処分を依頼する方法

金庫回収業者・鍵屋に処分を依頼する方法

金庫回収業者や鍵屋は、金庫を専門的に扱っている業者です。金庫を処分する前に中を確認したいけれども「鍵を紛失した」「暗証番号を忘れた」といった際に、開封を手伝ってくれます。

自力で開けられない金庫の処分は金庫回収業者や鍵屋に相談するのが良いでしょう。

3-1.金庫回収業者・鍵屋に依頼するメリット・デメリット

金庫回収業者・鍵屋に依頼するメリットは、開かなくて困っている金庫の開封をしてくれることです。金庫は頑丈に作られているため「開け方がわからないから無理に壊す」といった力任せの対応はできません。

しかし金庫回収業者や鍵屋のノウハウを借りれば、中身に傷をつけることなく安全に取り出せるでしょう。

一部の不用品回収業者や自治体では、金庫の開封までは対応していないケースもあります。

金庫に大切な書類や思い出の品が入っていても、取り出しを諦める必要はありません。

ただし解錠を申込む際は、所有者や型番といった情報を求められることがデメリットです。所有者を証明できる書類や取扱説明書などの用意が難しければ、他の業者への依頼を検討しましょう。

また、特別な解錠方法をすると追加料金がかかり、割高になる可能性があるので注意が必要です。

3-2.金庫回収業者・鍵屋で発生する料金相場

金庫回収業者や鍵屋の料金例は以下の通りです。

金庫の重量 A社 B社 C社
1kgあたり 120円 150円 200~250円
50kgあたり 6,000円 7,500円 10,000~12500円
100kgあたり 12,000円 15,000円 20,000~25,000円

金庫回収業者・鍵屋により料金にバラつきがあるので注意しましょう。
中には、金庫を新しく発注することを条件に無償で引き取ってくれる業者もあります。新しく金庫を購入する場合は、たくさんの事業者に声をかけて料金を比べてみてください。
ただし上記の表で紹介しているのは、金庫の回収にかかる基本料金です。金庫を解錠する料金はオプションとして別に請求されることがほとんどです。

4.購入したお店に金庫の回収を依頼する方法

購入したお店に金庫の回収を依頼する方法

金庫の取扱説明書などに、購入したお店やメーカーに関する情報が記載されています。回収に関するアフターサービスがないか確認してみましょう。

金庫は長年使うものなので、処分する頃にはお店がなくなっていることもあります

もし今でもそのお店が存在するようなら、不要な金庫の回収に対応していないか問い合わせをしてみてください。

また、新しく商品を購入すれば古い金庫を下取りで引き取ってくれるお店もあります。金庫の買い替えと処分を同時にこなせる良い選択肢です。

お店により回収費は異なり、場合により割高になる場合もあるので注意が必要です。

お店に処分を頼むときは「お店まで自分で金庫を運ぶのか」「引き取りに来てもらえるなら出張費はどの程度かかる」などを確認しておくことをおすすめします。

4-1.購入したお店に回収してもらうメリット・デメリット

購入店に処分を頼むメリットは、鍵が開かなくて中身を確認することが出来ないというトラブルから解消されることです。メーカーが推奨する解錠方法を知っていたり、どうしても開かないときは製造元に問い合わせをしたりしてくれるため、金庫を無理に解錠することはありません。

他にも、金庫を下取りに出して新しい商品を買う場合は、割引を受けられることもあります。

デメリットとしては、自分が金庫を店舗まで運搬する必要があったり、引き取りや解錠で追加料金が発生したりする可能性があることです。対応の方針はお店ごとに異なるので確認が必要です。

4-2.購入したお店に回収してもらう際の料金相場

購入したお店に回収してもらう際の料金相場は5,000円から30,000円程度です。買い替えと同時に金庫を処分するときは、無償で引き取ってもらえることもあります。

ただしそれぞれ料金の考え方が異なる上、全てのお店で金庫の回収を行なっているわけではありません

5.金庫をリサイクルショップなどへ売る方法

金庫をリサイクルショップなどへ売る方法

金庫は、リサイクルショップやインターネットで売ることも可能です。

リサイクルショップに金庫を売る場合、壊れた金庫や古い金庫には値段が付かないことが多いです。手間を惜しまないようでしたら、フリマアプリで出品し、自分が売りたい価格で販売すると良いでしょう。

オークションサイトでは部品のリサイクルを目的とした入札もあるため、壊れた金庫も売却できる可能性があります。

 少しでもお金を稼げる方法で金庫を処分したいという方に、リサイクルショップなどへの売却がおすすめです。

5-1.リサイクルショップなどへ売るメリット・デメリット

金庫をリサイクルショップやインターネットなどで売る1番のメリットは、収益をあげられることです。

特にフリマアプリでは、自分の好きな価格で販売できることが魅力です。

一方で、金庫を売却処分するにはいくつかのデメリットがあります。

  • リサイクルショップや郵便局まで自分で運ぶ手間がかかる
  • 必ず売れるとは限らない
  • 個人売買では発送や梱包の費用を負担しなければならない

「手間をかけずに金庫を処分したい」「金庫を絶対に家に残したくない」といった方には、売却処分はおすすめできません。

5-2.金庫を売る際の買取料金相場

リサイクルショップで小さめの金庫を売るなら、1,000円〜2,000円からが買取価格の相場です。大きくて耐久力がある金庫は、買取価格がさらに上がります。

一方でフリマアプリであれば自分で価格を設定して売れるので、買い手が価値を感じさえすれば10万円などの高額販売も可能です。ただし高すぎる価格設定では、なかなか金庫が売れないこともあるので注意しましょう。

6.金庫を処分するにはいくら必要?費用相場を比較

金庫を処分するにはいくら必要?費用相場を比較

これまでに説明した4つの処分方法の費用相場は次の通りです。

処分方法 業者が請求する金額
不用品回収業者に依頼する 3000円~30,000円程度
金庫回収業者・鍵屋に依頼する 100kgあたり10,000円〜25,000円程度
購入したお店に引き取りを依頼する 3000円~数万円
リサイクルショップ・ネットオークションで売る 無料
(お金を受け取れる)

ほとんどの処分方法では、大きくて重い金庫を自分で運ばなければなりません。運搬に使える車をお持ちでない方は、不用品回収業者の利用も検討しましょう。

処分方法の中では料金が高く見えてしまいますが、運搬を全て任せられるサービス代と考えれば、不用品回収業者はお値段以上の価値を提供してくれるでしょう。

7.金庫を処分する際の4つのポイント

金庫を処分する際の4つのポイント

ここからは、金庫を安く処分したり、スムーズに手続きしたりする秘訣をお伝えしていきます。

  • サイズ・重量を確認する
  • 複数社へ見積もりを依頼する
  • 売却する前に綺麗に掃除する
  • 中に重要なものが入っていないか確認する

見落としてしまいがちな確認点もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

7-1.サイズ・重量を確認する

処分方法を検討する時に、あらかじめ金庫のサイズと重量を確認しておきましょう。金庫の取扱説明書などに詳細が書かれています。

ほとんどの処分方法で、金庫のサイズと重さで処分料金が決まるからです。
一般的には業者が金庫のサイズと重さを測って料金を算出してくれます。しかし自身で金庫のサイズと重さをあらかじめ把握していると、悪質な業者にだまされて余分に費用を請求されることを回避可能です。
また、サイズと重さを業者に伝えられると、スムーズに料金の見積もりや処分の可否を教えてもらえます。「回収当日にならないと詳細が分からない」といった状況は困るので、事前にサイズや重さを測って業者に共有しておきましょう。

7-2.複数社へ見積もりを依頼する

複数の業者から料金の見積もりをとり、比べることが大切です。1社からしか見積もりをとらないと、相場よりも高い金額を提案されても気づけません

不用品回収業者によって料金や作業内容が異なるため、複数社の中から自分にぴったりなサービスを探してみてください。

インターネットで地域の業者の平均価格を知っておくと、相場と大きくかけ離れた料金設定を見抜けます。

また、見積もりの対応で、不用品回収業者のサービスの質が見えてきます。返事が遅かったり、説明が十分でなかったりするといった問題点がないか、見積もり段階で見極めることが重要です。

7-3.売却する前に綺麗に掃除する

金庫はあらかじめ綺麗に掃除しておいた方が良いです。

リサイクルショップに持ち込む時は、外観も内側も汚れひとつない綺麗な状態にあると、業者は金庫が高く売れると推測し、前向きに査定を進めてくれます。

また、フリマショップやサイトオークションで金庫を売却する際は、綺麗に掃除された金庫の写真で出品すると、お客様からの第一印象が上がります。

拭き掃除をしたり、ほこりを掃き出したりして、できる限りの掃除をしておきましょう。

7-4.中に重要なものが入っていないか確認する

鍵を開けられる金庫であれば、処分前に中身を再確認しましょう。通帳や家の権利書といった重要なものまで一緒に処分してしまうと、後々困ってしまうためです。

処分を依頼した相手に個人情報を不正に取り扱われるリスクもあるので、金庫を空にして処分することが理想です。

中身が不明であるにも関わらず鍵が開かない金庫は、専門業者や鍵屋に頼んで解錠してもらってください。

8.金庫を処分する際に役立つ不用品回収業者の選び方

金庫を処分する際に役立つ不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶ際は、次の3つのポイントを参考にしてみてください。

  • 料金が分かりやすい業者を選ぶ
  • ホームページの事例や実績を確認して選ぶ
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者を選ぶ

それぞれ詳しく紹介していきます。

8-1.料金が分かりやすい業者を選ぶ

料金をできる限り分かりやすく伝えている不用品回収業者を選びましょう。
サービスの品質が高い不用品回収業者は、価格設定も明確なことがほとんどだからです。
一方で悪質な不用品回収業者は、料金が不明瞭でわかりにくい表示となっていることが少なくありません。複雑な料金形態では、追加料金やキャンセル料などが分かりにくく、想定外の請求に困る恐れがあります。
そのため、ホームページの料金体系を見て違和感を感じたら、別の不用品回収業者を利用することも検討しましょう。

8-2.ホームページの事例や実績を確認して選ぶ

ホームページで金庫を回収した事例や実績を確認することも大切です。事例・実績が掲載されていれば、金庫の回収経験が豊富な業者だと判断できるためです。

作業に慣れたスタッフが来てくれれば、回収当日もスムーズな対応を期待できるでしょう。

不用品回収業者の多くは、ホームページで実際の作業の様子などを動画や写真で紹介しています。

金庫の処分をする際に「安心してその不用品回収業者に任せられるか」と判断する材料となりますので、ホームページで必ず事例を確認するようにしましょう。

8-3.一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者を選ぶ

自治体から許可を取得している一般廃棄物収集運搬業業者であるかを確認しましょう。許可無しで営業するのは違法行為なので、依頼すべきではありません。

「古物商許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」など、中古品や廃棄物に関する資格名が多くありますが、実はこれらの許可で家庭から出る不用品を回収することは認められていません。

一般廃棄物収集運搬業許可を取得している不用品回収業者は、ホームページに必ず以下のような表示があります。

「〇〇市一般廃棄物収集運搬業許可 第0000号」

一般廃棄物収集運搬業許可がない不用品回収業者に依頼をすると、金庫を不法投棄されるなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。一般廃棄物収集運搬業許可の許可番号が不明な不用品回収業者は、利用を避けてください。

9.不用品回収相談所が金庫を処分する際の流れ

不用品回収相談所が金庫を処分する際の流れ

不用品回収相談所では、次の流れで金庫や不用品の処分を承ります。

  1. このホームページにある、電話やメールの中から、ご都合に合う手段でお問い合わせください。対応時間は年8:30〜17:30で、年中無休で受け付けています。
  2. 日程を調整の上で下見をし、見積もり回答させていただきます。
  3. お見積もりにご納得いただけましたら、はじめてお申込みとなります。不安が残るようでしたら、この時点でキャンセルも可能です。見積もり費用は一切かかりませんのでご安心ください。
  4. 作業当日は、搬出する不用品に応じて養生などの事前準備をいたします。お客様のお家が傷つかない様に保護するためです。
  5. 養生などの事前準備が終了後、回収作業に入ります。
  6. お客様に作業内容をご確認していただき、回収は終了です。
  7. 作業終了後にお支払いとなります。

初めての金庫処分では、疑問や不安があることでしょう。不用品回収業者に依頼すべきかまだ迷っている方でも、まずは見積もりや問い合わせで気になることをご質問ください。

まとめ:金庫を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

金庫を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

自治体によっては、金庫を粗大ゴミとして処分できません。処分方法が分からない方、自治体が金庫の引き取りに対応していない方は、次の中から行動を選んでみましょう。

  • 不用品回収業者
  • 金庫回収業者・鍵屋
  • 購入したお店
  • リサイクルショップやネットオークションで売る

金庫の処分を不用品回収業者に依頼するなら、一般廃棄物収集運搬業許可を取得している業者の中から選びましょう。

いくつか気になる業者がある場合は、料金やサービス内容を比較することをおすすめします。

不用品回収相談所の加盟業者は各地域の一般廃棄物収集運搬業を取得した上で、金庫をはじめとした不用品全般を回収しています。パック料金で不用品の一斉処分に対応しており、事務所を引っ越ししたり、空き家の荷物をまとめて引き渡ししたりと、幅広いケースでご利用いただけることが特徴です。無料の見積もりや電話相談もあるので、金庫を処分される際は気軽にお問い合わせください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り