目次 目次

回収品目

傘の処分方法は地域で異なる!正しい捨て方や簡単に処分する6つの方法を解説

「傘を処分する方法を知りたい」
「傘を処分するのに、どのくらいお金がかかるの?」
「傘を処分する際に、金属と布部分に分ける必要はある?」

このようなお悩みを抱えていませんか?

傘は、骨組み部分は金属、布部分はビニールなど、様々な部品が使われています。そのため、どのように処分すればいいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、傘を処分する方法や、不用品回収業者の選び方を解説します。

記事を最後まで読むことで、以下3つのことがわかります。

この記事を読んで分かること

  • 傘を処分する方法が分かる
  • 手間や料金を比較し、自分に合った方法で傘を処分できる
  • 信頼できる不用品回収業者の選び方が分かる

傘の処分を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.傘の処分方法は地域によって異なる

傘の処分方法は地域によって異なる

傘を処分する方法は、地域によって異なります。

代表的な手段は、以下の3点です。

  • 不燃ゴミ
  • 粗大ゴミ
  • 分解・分別して処分

自治体によって見解や「不燃ゴミ・普通ゴミ」などと名称が異なります。そのため、傘の処分をする際には、市区町村の公式サイトを確認しましょう

主要都市の処分方法は、以下の通りです。

主要都市 処分方法
東京都港区 不燃ゴミ
大阪市 普通ゴミ
※30cm以上のものは粗大ゴミ
名古屋市 不燃ゴミ
横浜市 金属製の骨組と布部分の分別が必要
※骨組は「小さな金属類」で、布部分は「燃やすゴミ」
福岡市 不燃ゴミ

上記の表を見ると、傘は不燃ゴミとして扱う自治体が多い傾向にあることが分かります。

2.傘を処分する6つの方法

傘を処分する6つの方法

傘を処分する方法は、主に以下の6つです。

  • 傘をそのまま不燃ゴミで処分する
  • 傘をそのまま粗大ゴミとして回収してもらう
  • 傘を分解・分別して処分する
  • 不用品回収業者を利用する
  • 売却する
  • 慈善団体に寄付する

それぞれの手段の注意点やかかる手間などを解説します。

2-1.傘をそのまま不燃ゴミで処分する

各自治体により指定された袋に入れて、不燃ゴミとして処分する方法です。袋は1枚あたり10〜20円で購入できるため、処分費用を抑えられるのがメリットです。

袋から傘がはみ出していても、口がしばっていれば問題ないとしている地域があります。例えば、福岡市では「袋からはみ出した状態で構いませんので、口をしっかり結んでください。」と公式サイトに記載しています。

2-2.傘をそのまま粗大ゴミとして回収してもらう

各自治体に、傘を粗大ゴミとして回収してもらう方法があります。主な手順は、以下の通りです。

  1. 粗大ゴミ収集受付センターに申し込む
  2. スーパー、コンビニなどで「有料ゴミ処理券」を購入する
  3. 指定された日・場所に傘を出す

粗大ゴミとして回収してもらうには、事前の申し込みが必須です。各自治体の公式サイトに連絡先が記載されているので、確認して連絡しましょう。

粗大ゴミの回収料金は地域によって異なります。200~500円程度の金額が目安です。

2-3.傘を分解・分別し処分する

地域によっては、傘を分解・分別して処分します。

ビニール傘と折りたたみ傘の分解方法は以下の通りです。ハサミやペンチなどの工具があると作業がしやすいので、あらかじめ用意しておくことをおすすめします。

<ビニール傘の分解方法>

  • 傘の生地と骨組をつなぐプラスチックのキャップを外す
  • 傘の先端のパーツを回して外す
  • ビニールの生地を傘本体から剥がす
  • 傘の持ち手部分を引っ張って外す

<折りたたみ傘の分解方法>

  • 傘を広げ、生地の内側と骨組を結んでいる糸を切る
  • すべての糸が切れたら傘をたたむ
  • 先端のパーツを回して外す
  • 傘の生地と骨組をつなぐキャップを外す
  • 本体から生地を外す
  • 傘の持ち手部分を引っ張って外す

分解後は、市区町村が指定した方法で分別しましょう。例えば、横浜市では骨組みは「小さな金属類」で、布部分は「燃やすゴミ」と指定しています。

2-4.不用品回収業者を利用する

傘を処分するなら、不用品回収業者を利用する方法があります。

メリットは、手間をかけずに簡単に不用品を処分できることです。分解・分別が必要な傘でも、そのまま回収してくれます。さらに、複数本の傘がある場合でも、まとめて処分できます。

不用品回収業者へ依頼する際の料金の目安は、5,000~30,000円です。一見費用が高く見えるかもしれませんが、タンスや冷蔵庫などの傘以外の不用品を一緒に処分してくれたり、最短1日で回収しにきてくれたりとメリットがあります。

2-5.売却する

ブランド品などの高級傘は、売却処分することで、収支がプラスになる場合があります。リサイクルショップやフリマサイトなどを利用しましょう。

買取額の相場は、以下の通りです。

  • BurberryやCOACHなどのファッションブランド:6,000~10,000円
  • Waterfrontなどの傘専門ブランド:500~100円

傘を高く売るためには、汚れや傷を落としておくのがおすすめです。フリマサイトに出品する場合は、デザインが分かりやすいよう傘を広げたときの写真を投稿してみてください。

一方、ビニール傘は値段が付かなかったり、買い手が見つからなかったりするケースがあります。どんな傘でも売却できる訳ではないので、注意しましょう。

2-6.慈善団体に寄付する

傘を処分するには、慈善団体に寄付する方法があります。メリットは、無償で処分できることです。

ただし、穴が空いていたり、骨組が折れていたりすると寄付を受け付けてもらえないことが多いです。そのため、状態が良い傘の処分に困っている際の方法としておすすめします。

「自分の傘が誰かの役に立って欲しい」と考えている方は、慈善団体への寄付を検討してみてください。

3.傘の処分なら不用品回収業者がおすすめ!3つのチェックポイントを解説

傘の処分なら不用品回収業者がおすすめ!3つのチェックポイントを解説

できるだけ手間なく傘を処分するなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。しかし、サービスを展開する業者は複数あるため、信頼できるところを選ばなければなりません。

こちらでは、不用品回収業者を選ぶ際の注意ポイントを紹介します。

  • 明確な料金体系か
  • 事例や実績を公開しているか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者か

各ポイントについて、順番に解説します。「信頼できる業者に依頼したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.明確な料金体系か

不用品回収業者を選ぶ際には、料金体系に注目してみてください。

信頼できる業者であれば、プラン内容や見積もりの明細が分かりやすくなっていることが多いためです

反対に、料金体系が分かりにくいと悪質な業者の可能性があります。「オプション扱いだから」と言って、依頼後に見積もりに記載された以外の費用を請求されるケースも珍しくありません。

不用品回収業者に依頼する前には、以下の3点をチェックしてみてください。

  • 公式サイトに料金が明記されているか
  • プラン内容は分かりやすいか
  • 見積もりの内訳が明確か

依頼後のトラブルを避けるためには、料金体系に目を光らせることが重要です。

3-2.事例や実績を公開しているか

業者を選択するときは、公式サイトで不用品回収の事例や実績が掲載されているかを確認しましょう。優良業者であるかどうか判断しやすくなるためです。

例えば、作業内容や料金が記載されていれば、実際に依頼した際のイメージが掴めます加えて、依頼前・後の写真や作業時間など、より詳細な事例・実績を載せていれば、安心して不用品回収を任せられる可能性が高いです。

3-3.一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者か

信頼できる不用品回収業者を選ぶためには、一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているのか確認しましょう。不用品を回収する際には、各自治体からの「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です。許可を取得していない業者は違法となるため、依頼は控えなければなりません。

違法業者に不用品回収を依頼する危険性は、法律を守った適正な処理ができないことです。過去には、不法投棄や不適正な管理による火災が問題となっており、環境省も無許可の回収業者を利用しないように呼びかけています。

不用品回収業者へ依頼する前に、一般廃棄物収集運搬業許可の表示があるかどうかを必ず公式サイトで確かめましょう。許可を取っている業者は、一般的に「一般廃棄物収集運搬業許可 第0000号」などの認可番号の記載をしています。

まとめ:傘を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

まとめ:傘を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

傘を処分する方法は、主に以下の6つです。

  • 傘をそのまま不燃ゴミで処分する
  • 傘をそのまま粗大ゴミとして回収してもらう
  • 傘を分解・分別して処分する
  • 不用品回収業者を利用する
  • 売却する
  • 慈善団体に寄付する

自治体によって、傘が何ゴミの扱いになるのか、分解・分別は必要なのかなど、見解が異なります。そのため、傘を処分する際には、各地域の公式サイトを確認したり、問い合わせたりしましょう。

傘をできるだけ簡単に処分したい方は、不用品回収業者への依頼を検討してみてください。分解・分別が不要だったり、複数本の傘をまとめて処分できたりします。

不用品回収相談所の加盟業者は一般廃棄物収集運搬業許可証を取得している不用品回収業者です。お問い合わせやお見積もりは無料なので、傘の処分を考えている方は、お気軽にご連絡ください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り