目次 目次

回収品目

楽器の処分方法7選|費用相場や回収の流れも解説

「使わなくなった楽器はどうやって処分すればいいの?」
「手間をかけずに処分する方法を知りたい」

使わなくなった楽器を処分する際に、上記のような悩みを抱く人もいることでしょう。ギターなどの持ち運べるものならまだしも、ピアノやエレクトーンといったものは動かすだけでも一苦労です。

この記事では、楽器の処分に悩んでいる人に向けて、一般的な処分方法や費用相場などを徹底解説します。最後まで読めば、自分の状況にあった処分方法で適切に処分できるようになるでしょう。楽器の処分を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んで分かること

  • 楽器の処分方法
  • 楽器を処分する場合の費用相場
  • 不用品回収相談所で楽器を回収する際の流れ

1.楽器の処分方法7選

 

楽器の処分方法7選

いざ楽器を処分するときには、どのような方法があるのでしょうか。楽器の処分方法は、主に次の7つです。

  • 楽器専門の買取サービスを利用する
  • リサイクルショップで売却する
  • フリマアプリなどで出品する
  • 知人や友人などに譲る
  • 教育機関などに寄附する
  • ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する

上記の7つの方法について、詳しく解説します。

1-1.楽器専門の買取サービスを利用する

処分方法①楽器専門の買取サービスを利用する

楽器の処分方法の1つとして挙げられるのは、楽器専門の買取サービスを利用することです。イシバシや島村楽器といった専門店が実施しているサービスで、次のスタイルがあります。

  • 宅配買取:集荷サービスを使って買取業者に楽器を送り、後日買取りを行う
  • 出張買取:専門スタッフが自宅に伺い、買取りを行う
  • 店頭買取:自分で楽器を店頭に持ち込み、その場で買取りを行う

宅配買取や出張買取は、店舗に行ったり買取対象を運搬したりする手間がほとんどないので、便利です。

買取サービスのメリットとして、以下が挙げられます。

  • ジャンク品でも買取りが可能
  • 専門スタッフが査定

壊れている場合は、買取サービスに持ち込むと良いでしょう。ただし、必ずしも売却できるとは限らないので注意してください。場合によっては安値になり、納得いかない際にはキャンセルもできます。壊れたものでも、貴重なパーツなどがあれば、高値がつくこともあります。

1-2.リサイクルショップで売却する

使い古したピアノやギターなどを、リサイクルショップに持ち込むことで売却ができます。たとえば、ハードオフでは以下の買取方法を実施しています。

  • 店舗買取
  • アプリ買取
  • 出張買取

アプリ買取では、売りたいものの写真を取って必要な情報を送るだけで、ハードオフが査定を行ってくれます。査定後はハードオフの店舗から買取オファーが届き、宅急便で楽器を送れば完了するので簡単です。また、ハードオフでは使えなくなったギターやピアノなどでも、ジャンク品として買取してくれる可能性があります。

リサイクルショップで楽器を売却する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 持ち込みなどの手間が発生する場合がある
  • 場合によっては買取りを断られることもある

リサイクルショップでは、確実に売却できるわけではない点に注意が必要です。

1-3.フリマアプリなどに出品する

処分方法③フリマアプリなどに出品する

最近話題のフリマアプリで出品すれば、高値で売却できる場合があります。代表的なフリマアプリと言えば、メルカリやラクマ、PayPayフリマが挙げられます。フリマアプリでは多くの楽器が出品されているので、試しに出品してみるのも良いかもしれません。

買取サービスと異なり査定が入らないため、自分で値段を決められる点がフリマアプリの魅力と言えます。ただし、フリマアプリは梱包作業や発送など、全て自分で行う必要があります。特に大きい楽器を売る場合は、難易度が高いかもしれません。

1-4.知人や友人などに譲る

知り合いや友人、家族に譲る方法もあります。売却時にかかる手数料などは発生せず、身近な存在なので気軽に相談ができます。手っ取り早く処分したいときにおすすめです。

ただし、ピアノなど大型の楽器の場合には、自分一人では動かせないでしょう。譲る相手の協力が必要だったり、移動のための車が必要だったりします。大型の楽器を処分するには、あまり向いていない方法と言えるでしょう。

1-5.教育機関などに寄附する

使わなくなった楽器を処分するには、幼稚園や学校といった教育機関などに寄附するのも一つの手段です。十分使える状態で寄附することで、有効活用してもらえるでしょう。また、三重県いなべ市が発足させた楽器寄附ふるさと納税を活用すれば、税金の控除も可能です。

2019年4月からは、いなべ市以外の自治体も参加しはじめ、徐々にその数は増えています。対応している自治体や、寄附の流れなどの詳細な情報は、楽器寄附ふるさと納税の公式HPをご覧ください。控除される税金の金額は、査定額から2,000円を引いた金額です。

1-6.ゴミとして処分する

処分方法⑥ゴミとして処分する

自治体によっては、以下の手順で粗大ゴミとして処分することができます。

  1. 粗大ゴミ受付センターへ持ち込み
  2. 窓口に電話後、近くの指定場所に楽器を置く

また、楽器を分解することで、燃えるゴミとして処分することも可能です。詳しい手順は各自治体に相談しましょう。自治体によっては粗大ゴミとして受け付けていない場合があるので、必ず確認してください。

1-7.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に処分を依頼するのも一つの手段です。業者に依頼するメリットは、以下があります。

  • スキマ時間に電話などで依頼ができる
  • 業者が家まで回収に来てくれる
  • 重い物でも自分で運ばなくて済む

ピアノなど大きなサイズの不用品は、自分で運び出すことは大変でしょう。不用品回収業者であれば、見積もりから回収までスタッフが丁寧に対応してくれます。

2.楽器を処分する場合の費用相場

使わなくなった楽器を処分する場合の費用相場を下記の表にまとめたので、ご覧下さい。

電子ピアノ 3,500円~10,000円
エレクトーン 7,000円~30,000円
グランドピアノ 15,000円~50,000円
ギター 500円~1,000円

ピアノやエレクトーンの料金に幅があるのは、物によってサイズや重量などが大きく異なるためです。運搬距離や搬出場所によっては追加料金がかかることもあるため、上記の料金はあくまで目安であると考えておきましょう。

3.不用品回収相談所で楽器を回収する際の流れ

不用品回収相談所で楽器を回収する際の流れ

不用品回収相談所で楽器を回収してもらうときの流れは、以下の通りです。

  1. フリーダイヤルまたは、お見積もりフォームからメールで受付をする
  2. 下見を行い正確な見積もりを出す
  3. 見積もりに同意ができたら申し込みをする
  4. 当日、スタッフが養生などの事前準備をする
  5. 丁寧かつスピーディに不用品を回収する
  6. お客様に搬出後の現場を確認してもらい、支払いをする

処分の相談や見積もりは完全無料で、申し込みは見積もりに同意してからなので、余計な費用がかかる心配はありません。作業当日は現場で丁寧な養生を行い、スタッフが対象の楽器を回収します。支払いのタイミングは回収作業が終了した後で、現金支払いとなります。

まとめ:楽器の処分は不用品回収相談所にお任せください

使い古した楽器の具体的な処分方法は以下の通りです。

  • 楽器専門の買取サービスを利用する
  • リサイクルショップで売却する
  • フリマアプリなどで出品する
  • 知人や友人などに譲る
  • 教育機関などに寄附する
  • ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する

上記の中でも、不用品回収業者に回収を依頼すると、簡単に処分できます。回収の日時を自分の都合に合わせられることに加え、他の不用品もまとめて回収してもらえます。楽器の処分を検討しているなら、一度見積もりを依頼してみましょう。

不用品回収業者の不用品回収相談所の加盟業者は市町村の許認可を受けた業者です。不用品回収や買取り、遺品整理など、お家に関するさまざまなお困りごとを解決してくれます。不用品回収のお見積もりは無料ですので、安心してご依頼ください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り