目次 目次

回収品目

シュレッダーの処分方法6選!家庭用と業務用の捨て方の違いや費用相場も解説

「使わなくなったシュレッダーはどう処分すればいいの?」
「業務用と家庭用で処分方法の違いは?」

不要な書類を処分するのに便利なシュレッダー。大型の電動製品は重く扱いづらいので、処分に困っている人もいるでしょう。小型の手動シュレッダーは何ゴミとして捨てるのかも、処分の際には気になるところです。

この記事では、シュレッダーの処分方法を6つ紹介します。処分の費用相場や、シュレッダーゴミの上手な捨て方も徹底解説。最後まで読めば、周りに紙クズを散らかすことなく、適切な方法でシュレッダーを処分できるようになります。シュレッダーの処分を検討しているなら、ぜひ参考にして下さい。

この記事を読んで分かること

  • 家庭用シュレッダーの処分方法
  • シュレッダーを廃棄処分する費用相場
  • シュレッダーゴミの散らからない出し方

1.家庭用シュレッダーの処分方法6選

家庭用シュレッダーの処分方法6選

家庭用シュレッダーを処分する方法は、以下の6つです。

  • ゴミとして処分する
  • フリマアプリなどで売る
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 買い替えの際に販売店の引き取りサービスを利用する
  • 知人などに無料で譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

以下では、それぞれの処分方法を徹底解説します。

2.ゴミとして処分する

処分方法①ゴミとして処分する

シュレッダーは、大きさや動力でゴミとしての捨て方が大きく変わる家電です。処分の際には以下の表にしたがって、適切なゴミとして捨てましょう。

シュレッダーの種類 処分方法
手動シュレッダー 燃えないゴミ
電動シュレッダー(一辺が30cm以下) 小型家電回収ボックス
電動シュレッダー(一辺が30cm以上) 粗大ゴミ

以下では、それぞれの詳しい方法を解説します。

2-1.手動シュレッダーは不燃ゴミ

紙を手動で細切れにするタイプのシュレッダーは、燃えないゴミとして処分しましょう。自治体ごとに処分ルールは違うため、ゴミ出しの方法を必ず確認したうえで処分してください。なお、シュレッダーの中の紙ゴミは、燃えるゴミとして扱われます。シュレッダーを燃えないゴミとして処分する場合は、必ず紙ゴミと分けて処分しましょう。

2-2.電動シュレッダーは小型家電回収ボックスへ

一辺が30cm未満の電動シュレッダーは、小型家電回収ボックスで処分可能です。小型家電回収ボックスは、地域の施設や家電量販店に設置されています。

収集料金は無料ですが、全ての小型家電回収ボックスがシュレッダーを回収の対象としているとは限りません。ゴミに出す前には、必ずその小型家電回収ボックスがシュレッダーを回収対象にしているかを確認しましょう。

2-3.家庭用でも一辺30cmを超えるサイズは粗大ゴミ

家庭用シュレッダーの中でも、一辺が30cmを超える大型の商品は、手動や電動に関わらず粗大ゴミとして処分しましょう。粗大ゴミの出し方は、以下の通りです。

  1. 粗大ゴミ受付センターに電話をする
  2. 指定金額分の粗大ごみシール券を購入する
  3. シールをシュレッダーに貼りつける
  4. 指定日に決められた場所に運んで捨てる

粗大ゴミとしてシュレッダーを処分する方法は、本体の損傷が激しく、買取りが期待できない場合におすすめです。

3.フリマアプリなどで売る

処分方法②フリマアプリなどで売る

フリマアプリやネットオークションを使えば、処分費用をかけずにシュレッダーを処分できます。シュレッダーの有名メーカー「コクヨ」や「明光商会」の商品なら、中古品でも高く販売できるでしょう。フリマアプリやオークションサイトを利用する流れは、以下の通りです。

  1. ガイドに沿ってアカウント登録をする
  2. シュレッダーの写真や商品説明、配送方法や販売価格を設定する
  3. 買い手がついたら発送する

なお、フリマアプリやオークションは、出品から発送までを全て自分で行う必要があります。手間がかかるため、処分に時間をかけたくない人は利用しにくいのがデメリットと言えるでしょう。

4.リサイクルショップに持ち込む

シュレッダーは、リサイクルショップでも売却できますしかし、シュレッダーには重くて大きなものも多いため、持ち込むのは一苦労です。運ぶ際の負担が大きいシュレッダーを買取りに出す場合は、以下の手順で出張買取を利用しましょう。

  1. 電話やメールで出張買取を依頼する
  2. 商品の査定を行う
  3. シュレッダーと引き換えに現金を受け取る

なお、シュレッダーの出張買取を依頼する際には、出張費がかかる可能性があります。買取りできなくても出張費をとるケースもあるので、利用前には必ず出張買取の規定を確認しておきましょう。

5.買い替えの際に販売店の引き取りサービスを利用する

処分方法④買い替えの際に販売店の引き取りサービスを利用する

シュレッダーの買い替えを考えている人におすすめなのが、販売店の引き取りサービスを利用する方法です。家電量販店では「ヤマダ電機」、オフィス用品店では「アスクル」が引き取りサービスを実施しています。

販売店の種類 料金 特徴
ヤマダ電機 有料 ・小型家電回収ボックスが利用できる場合あり
・他の家電と一括買取できる場合あり(1箱1,650円)
・引き取りの際には問い合わせが必要
アスクル 無料 ・重さが100kg未満であればメーカーや古さ、故障の有無を問わず引き取り可能
・引き取りに対応していない商品もあり

なお、ヤマダ電機やアスクル以外の量販店でも、シュレッダーの引き取りを行っています。しかし、引き取り料金は有料な場合があるので注意が必要です。

6.知人などに無料で譲る

シュレッダーを欲しがっている知人がいるなら、無償で譲るのもおすすめです。自宅までシュレッダーを直接取りに来てもらえれば、配送や輸送の手間もなく処分できます。

譲れる知人がいない場合は、「ジモティー」など地域密着型の掲示板でシュレッダーを欲しがっている人を探すのもよいでしょう。近くでシュレッダーを探している人を見つけるには、エリア検索を使うのが便利です。

7.不用品回収業者に依頼する

処分方法⑥不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に引き取りを依頼すれば、自宅までシュレッダーを取りに来てもらえます。シュレッダーが重い場合や、粗大ゴミの収集日と予定が合わない場合におすすめです。ただし、粗大ゴミに出す場合と比較して、費用が高くなる点には注意しましょう。

8.法人用・業務用シュレッダーを廃棄する場合は産業廃棄物処理施設へ

家庭用シュレッダーと違い、法人用や業務用のシュレッダーはゴミとして処分できません。法人用や業務用のシュレッダーを処分する際には、産業廃棄物として以下の手段で処しましょう。

  • 処理施設に持ち込む
  • 産業廃棄物回収業者へ依頼する

行政許可のない産業廃棄物回収業者に処理を依頼してしまうと、違法行為とみなされ、依頼した側も責任を問われてしまいます。業者にシュレッダー処分を依頼する際には、環境省の「産業廃棄物処理業者情報検索システム」で認可の有無を必ず確認しましょう。

なお、シュレッダーの処分に費用をかけたくない場合は、売却する手段もあります。オフィス用品店などの中には中古のシュレッダーを買い取っているところもあるので、利用してみましょう。

9.シュレッダーを廃棄処分する費用相場は?

シュレッダーを処分するのにかかる費用相場は、本体の大きさや廃棄方法などによって異なります。以下に処分費用の相場をまとめたので、廃棄する際の参考にしてください。

処分手段 費用
粗大ゴミに出す 500~1,200円
不用品回収業者に依頼する 10,000円
リサイクルショップで売却する 10,000円(出張買取費)
フリマアプリやオークションに出品する 配送料のみ

安くシュレッダーを処分するには、粗大ゴミに出すのがおすすめです。その他の処分方法は比較的お金がかかります。粗大ゴミに出しにくい大型のシュレッダーを処分するには、費用がかさむ不用品回収業者を利用する必要があるかもしれません。

10.シュレッダーゴミの散らからない出し方とは?

シュレッダーを使う際に気になるのが、切り刻んだ紙ゴミの捨て方です。細かい紙ゴミは散らばりやすく、上手く処分できずに困っている人もいることでしょう。シュレッダーゴミは、以下の手順なら散らかすことなく上手に捨てられます。

  1. シュレッダーゴミを袋に入れる
  2. 霧吹きなどでシュレッダーゴミを湿らせる
  3. 袋の中の空気を抜き、袋を閉じる

シュレッダーゴミを上手く処分するコツは、紙を湿らせることです。湿った紙は風で舞い散りにくくなるので、効率よく処分できます。

11.不用品回収業者に依頼すべきケース3選

不用品回収業者に依頼すべきケース3選

シュレッダーはゴミとして捨てられる家電ですが、処分を不用品回収業者に依頼すべきケースもあります。以下3つのケースにあたる場合は、シュレッダーの処分を不用品回収業者に依頼しましょう。

  • 重くて運べない
  • 粗大ゴミ回収の日程と予定が合わない
  • 他の物と一緒に処分したい

以下では、各ケースを詳しく紹介します。

11-1.重くて運べない

重いシュレッダーを無理して運ぶと、腰などに負担がかかり怪我の原因になります。処分したいシュレッダーが重く、自力で収集場所まで運べない場合は不用品回収業者を呼びましょう。

不用品回収業者を利用すれば、重いシュレッダーも業者が家から運び出してくれます。運搬前の養生作業を徹底している業者を選べば、シュレッダーの運び出しで家や家具を傷付ける心配もないでしょう。

11-2.粗大ゴミ回収の日程と予定が合わない

なかなか粗大ゴミ回収の日と予定が合わず、ゴミ出しができない人にも、不用品回収業者への依頼はおすすめです。不用品回収業者の中には、即日でシュレッダーを回収できるところもあります。引っ越しの関係で収集日を待てない人や、新しいシュレッダーが来るまでに早めに場所を確保したい人も、業者を利用しましょう。

11-3.他の物と一緒に処分したい

他の家電も一括処分したい場合には、不用品回収業者の利用がおすすめです。中には、一括回収を依頼すると費用が安くなったり、品数が多いほどさらにお得になったりする場合もあります。不用品回収業者によって費用の詳細は異なるため、まずは見積もりを複数比較してから利用する業者を決めましょう。

まとめ:シュレッダーの処分は不用品回収相談所にお任せください

まとめ:シュレッダーの処分は不用品回収相談所にお任せください

シュレッダーの処分方法は以下の6つの中から選択が可能です。

  • ゴミとして処分する
  • フリマアプリなどで売る
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 買い替えの際に販売店の引き取りサービスを利用する
  • 知人などに無料で譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

シュレッダーは電動や手動、大きさなどの種類により処分方法が変わる家電です。ゴミとして捨てる際には、手動のものは燃えないゴミ、電動のものは小型家電回収か粗大ゴミとして扱いましょう。

大きく重いために自分で運べないシュレッダーは、不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうのがおすすめです。不用品回収相談所の加盟業者は、市町村から認められた不用品回収業者として、お家に関するさまざまな悩みを解決します。不用品回収にお困りの際は、不用品回収相談所へお気軽にお問い合わせください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り