目次 目次

回収品目

ハンガーの処分方法を6つ紹介!まとめて処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「ハンガーを処分したいけれどどうしたらいい?」
「何ゴミとして処分するの?」
「できれば安く処分したい」

ハンガーの処分で、このように考えている人も多いのではないでしょうか。

アルミや金属、プラスチック製ハンガーは燃えないゴミ、木製ハンガーは燃えるゴミとして処分できます。素材を判断したり分別したりするのが手間に感じる人には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

この記事ではハンガーの処分方法から、不用品回収業者のメリットまで解説します。

そして最後まで読むことで、以下のことがわかります。

この記事を読んで分かること

  • 正しい分別方法に沿って処分できる
  • 不用品回収業者に頼んで大量のハンガーを楽に処分できる
  • 不用品回収業者の選び方が分かり、依頼での失敗を防げる

ハンガーの処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ハンガーの処分方法6選

ハンガーの処分方法6選

ハンガーの処分方法を6つ紹介します。

  1. 燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分
  2. ネットやバザーで売却して処分
  3. 不用品回収業者に依頼して処分
  4. 寄付して処分
  5. 知人や友人に渡して処分
  6. クリーニング屋に返却

ハンガー以外にもまとめて処分するものがあれば、不用品回収業者がおすすめです。また、お金をかけたくないという人は、家庭ゴミとして処分するのが良いでしょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

1-1.燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分

家庭から出る一般ゴミとして、収集所にハンガーを出しておく処分方法です。自治体が指定する袋に入れるだけで、無料でハンガーを捨てられます。

ハンガーの素材により、燃えるゴミ・燃えないゴミの分別が変わるため注意しましょう。分別内容の例は以下の通りです。

燃えるゴミ 燃えないゴミ
木製 アルミなどの金属製
プラスチック製

しかし、分別方法が地域によって異なるため、事前に調べておくことが大切です。例えばほとんどの地域で燃えないゴミとして処分できる「プラスチック製ハンガー」ですが、横浜市では、燃えるゴミになります。

1辺の長さが30cm以上のものや、ゴミ袋に入らないものは粗大ゴミになるため、処分する前に確認しておきましょう。

1-2.ネットやバザーで売却して処分

お持ちのハンガーを、ネットやバザー等で販売できます。売れやすいのは、以下のようなハンガーです。

  • 新品・未使用品
  • まとまった本数のセット売り
  • ブランド品

他にもスーツなどの形状を保つために使われている特殊なハンガーは、通常の金額で買うと高価なものが多く、売れやすいです。

反対に、100均で手に入るようなチープなハンガーは、出品してもなかなか売れません。

さらに必ず買い手がつくとは限らないため、今すぐにハンガーを処分しなくても問題ないという人におすすめの方法です。

1-3.不用品回収業者に依頼して処分

ハンガーの量が多い人や、他にも処分するものがある人は、不用品回収業者に依頼しても良いでしょう。

特に引っ越しや部屋の整理などで、使わなくなった家具や家電などが出てきた場合にはおすすめです。

不用品回収業者には、軽トラック1台に詰め放題などのパック回収サービスがあるため、処分したいものを多く出すことで、1つあたりの費用を抑えられます。

数本のハンガーなら簡単に持ち運べますが、数十本もあると運ぶのも大変になってきます。業者は自宅前や指定場所まで取りに来てくれるため、階段等があって運ぶのが困難な場合でも心配ありません。

1-4.寄付して処分

使わなくなったハンガーは寄付して処分できます。例えばNPO法人のワールドギフトなど、不用品を開発途上国支援のために再利用し、有効活用するための仲介サービスがあります

ハンガーの他にも、洗濯バサミやおもちゃ、服なども寄付できるため、不要になったものが多い人は、まとめて申し込むことをおすすめします。

使わなくなったハンガーを役立てながら社会にも貢献できる、良い処分方法です。

1-5.知人や友人に渡して処分

ハンガーが足りない人や友人などに譲るのも手です。近くに住む人に手渡しすれば、送料をかけずに処分できることがメリットです。

ハンガーが汚れていたり、曲がっていたりするとトラブルに繋がりかねません。渡す前にしっかり確認しておきましょう。

「ネット販売で顔の見えない相手とやり取りするのは不安」と感じる方は、信頼できる知り合いに、ハンガーを必要としていないか聞いてみてください。

1-6.クリーニング屋に返却

クリーニング屋では、お店から渡したハンガーを再利用のために回収しています。

クリーニング屋に持って行くと以下のように、嬉しい特典を受けられる場合があります。

  • エコポイントが貯まる
  • 1本2円などで買い取ってくれる
  • 割引券と交換できる

仕事の制服やスーツ類を頻繁にクリーニングに出していると、ハンガーは溜まる一方です。「捨てるのはもったいないけれど、クリーニング屋の簡易的なハンガーは使いづらい……」という問題が解消されます。

お店によって回収サービスの有無や特典は違うので事前確認をしておきましょう。

2.ハンガー以外にもまとめて処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ハンガー以外にもまとめて処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ハンガーを安く処分したい場合は、燃えるゴミや燃えないゴミとして出す方法が最もおすすめです。しかし大きいサイズのものは、ゴミ袋に入れるために折り曲げたり、切断したりしなければなりません。他にも、金属がついているハンガーであれば、自分で取り外し、分別する必要があります。

手間の少なさを優先しながら、すぐにハンガーを処分したいという人には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

数本であれば自分で運べますが、大量のハンガーや大きなパイプハンガーは、1人で運ぶのは大変です。

しかし不用品回収業者は運び出しから処分まで、全てスタッフが対応してくれるため、依頼者が手間を感じることはありません。

また、予約さえ取れれば即日のうちに回収しに来てくれるので、収集日を待たずに手早くハンガーを処分できます。

まずは「ハンガーを処分するには、どの程度の予算が必要なのか」を確かめるため、無料見積もりへの申し込みから始めてみましょう。

3.ハンガー処分で不用品回収業者を利用する2つのメリット

ハンガー処分で不用品回収業者を利用する2つのメリット

ハンガーの処分で、不用品回収業者を利用する2つのメリットを紹介します。

  • まとめて処分することで単価が安くなる
  • 指定場所まで取りに来てくれる

不用品回収業者に依頼するメリットがよくわからないという人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

3-1.まとめて処分することで単価が安くなる

不用品回収業者では、軽トラ1台分の詰め放題など、パック回収プランが充実しています。うまく活用すれば、他の方法よりもさらに安くハンガーを処分できます。

例えばパック料金1万円では高く感じてしまうかもしれません。しかし、まとめて20個の不用品を引き渡せば、1つあたりの処分費用は500円。場合によっては、売却のために送料を負担するよりも、安くハンガーを処分できます。

3-2.指定場所まで取りに来てくれる

不用品回収業者に依頼することで、自宅前や指定場所まで荷物を取りに来てくれます。不用品回収業者の事務所まで、自分でハンガーを渡しに行く必要はありません。

大量のハンガーを個人で売買するために郵便局などへ運ぶにも、数が多いと移動が大変になってしまいます。また、ハンガー以外の不用品も捨てたい場合、大きな家電などは自分で部屋から運び出すのは難しいでしょう。

その点不用品回収業者なら、自宅で待っているだけでハンガーを処分できます。

4.優れた不用品回収業者を選ぶコツ2つ

優れた不用品回収業者を選ぶコツ2つ

優れた不用品回収業者を選ぶコツ2つを紹介します。

  • 一般廃棄物収集運搬業許可を得ているか確認する
  • 料金や会社の詳細を確認する

初めて不用品回収業者を選ぶのに、失敗は避けたいと考えている人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

4-1.一般廃棄物収集運搬業許可を得ているか確認する

不用品回収業者に依頼するときは、必ず一般廃棄物収集運搬業許可を得ているかチェックしましょう。

一般廃棄物収集運搬業許可とは、家庭から出る不用品を回収するための許可証です。一般廃棄物収集運搬業許可を得ていない営業は違法行為であり、悪徳業者である可能性が高いです。

一般廃棄物収集運搬業許可を得ているか確認するためには、自治体のサイトに載っている業者名簿を調べましょう。また、不用品回収業者のサイトに許可証の画像や番号が記載されている場合もあります。

4-2.料金や会社の詳細を確認する

優れた不用品回収業者は料金の内訳や、会社情報まで細かくサイト等に記載されています

反対に「0円から」といった曖昧な料金表示だったり会社の住所が町名までしか書いてなかったりする業者は、あまり信頼できません

「後から高額な料金を請求される」「回収後に質問があっても問い合わせ先が分からない」などの危険性もあるため、詳細はしっかり確認しましょう。

まとめ:ハンガーの処分なら不用品回収相談所にお任せください

まとめ:ハンガーの処分なら不用品回収相談所にお任せください

使わなくなったハンガーは、次の方法で処分できます。

  • 燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分
  • ネットやバザーで売却して処分
  • 不用品回収業者に依頼して処分
  • 寄付して処分
  • 知人や友人に渡して処分
  • クリーニング屋に返却

ハンガーが大量にあって困っている、他にも処分したいものがあるという人は、特に不用品回収業者への依頼がおすすめです。

不用品回収相談所の加盟業者は、一般廃棄物収集運搬業許可証を取得した上で、ハンガーをはじめとする不用品を適切に処分しています。電話やメールを使った相談は無料でできるので、ぜひ一度お問い合わせください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り