目次 目次

回収品目

座椅子を処分する方法7選!料金相場と優良な回収業者を選ぶ際のポイントを解説

「座椅子を処分したいけど、方法が分からない」
「近所で処分してくれる業者やお店を知りたい
なるべく費用をかけずに処分したい

このように、座椅子の処分にお困りではないですか?

全国的にみても、座椅子を粗大ごみとして回収している自治体は多いです。しかし多少ルールが異なるとはいえ、各自治体に処分をお願いする場合、回収場所まで自分で座椅子を運び出さなければいけません。

手間をかけずに座椅子を処分したいのであれば、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

この記事では、座椅子を処分する方法や、優良な回収業者を選ぶ際のポイントについて解説します。

記事を最後まで読めば、次の3つの行動が可能です。

この記事を読んで分かること

  • 座椅子の処分方法が分かる
  • 座椅子の処分に必要な費用が分かる
  • 優良な不用品回収業者の選び方が分かる

引っ越しや買い替え等で座椅子の処分にお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.座椅子を処分するための7つの方法

座椅子を処分するための7つの方法

座椅子を処分するには、主に7つの方法があります。

  1. 座椅子を自治体の粗大ごみとして出す
  2. 座椅子をごみ処理施設に持ち込む
  3. 座椅子を解体して家庭ごみとして出す
  4. 不用品回収業者に座椅子の回収を依頼する
  5. 買い替えの際に下取りをしてもらう
  6. ネットオークションやメルカリに座椅子を出品する
  7. リサイクルショップに座椅子を買い取ってもらう

1つずつ解説しますので、あなたに合った処分方法を見つけてみてください。

2.座椅子を自治体の粗大ごみとして出す

壊れた座椅子や不要になった座椅子は、お住まいの自治体で粗大ごみとして出せば処分できます。自治体にもよりますが、おおむね1辺30㎝以上のものは、粗大ごみとして扱われます。

粗大ごみを出す場合の一般的な手順は以下の通りです。

  1. 粗大ごみ受付センターに連絡する
  2. 収集日と手数料、収集場所を確認する
  3. 手数料に相当するごみ処理券を購入する
  4. 収集日と名前を書き、処分する品に貼り付ける
  5. 収集当日の午前までに所定の場所に出す

粗大ごみとして処分する場合にかかる費用は、大きさによってだいたい200〜1200円と安めです。しかし、収集日時が決まっているため、すぐに処分して欲しい人には向いていません。収集場所まで運び出す必要があるため、手間がかかる点もデメリットです。

各自治体によって、粗大ごみとされる大きさが異なる場合もあるため、処分前に市のホームページでなど条件を確かめましょう。

3.座椅子をごみ処理施設に持ち込む

処分方法②座椅子をごみ処理施設に持ち込む

運ぶ手段を確保できるのであれば、ごみ処理施設に座椅子を持ち込む方法もあります。

自治体によっては事前予約が必要ですが、だいたいの場合で持ち込んで手続きをしてすぐに引き取ってくれます。

例えば、京都市にあるごみ処理施設にごみを持ち込む場合の手順は次の通りです。

  1. 受付時間内に処理して欲しいごみを持ち込む
  2. 必要書類の提出と処分費用を支払う
  3. ごみを担当者に引き渡す

座椅子の大きさや重さから持ち込み可能か判断しましょう。

4.座椅子を解体して家庭ごみとして出す

費用をかけずに座椅子を処分したい場合は、解体して家庭ごみとして出すことも可能です。
座椅子を細かく解体し、素材ごとに分類する手間がかかります。しかし、無料で処分できることが何よりもメリットです。

自治体によって、解体後の分別方法が異なる場合があるので、あらかじめ役所の担当部署に確認しておきましょう。

4-1.座椅子の解体手順

座椅子を解体する手順は、次の通りです。

  1. 手袋、マスクを着ける
  2. 傷ついても良いマットを座椅子の下に敷く
  3. カッターでカバーに切れ込みを入れる
  4. カバーを全て剝いでいく
  5. カバーと一緒に綿も取り除く
  6. 中から骨組みである金属のパイプが出てくる
  7. カバーと綿、金属のパイプに分ける

手や床に直接刃物が触れるのを避けるため、手袋やマットを活用しましょう。

座椅子によっては、複雑な作りで解体が難しいものがあります。無理して解体することで怪我をする恐れもあるので、安全性を第一に作業してください。

4-2.座椅子を解体した後の分別方法

座椅子を解体した後は、自治体のごみ出しルールに沿って分別しましょう。

例えば次のような素材でできたカバーは、だいたいの自治体では可燃ごみとして扱っています。

  • 綿
  • レーヨン
  • メッシュ
  • ポリエステル
  • マイクロファイバー

骨組みの金属は不燃ごみとして扱われることが多いですが、自治体によって処分方法が異なります。詳しくはゴミ出しのポスターや市町村の分別アプリを参考にしてみてください。

5.不用品回収業者に座椅子の回収を依頼する

処分方法④不用品回収業者に座椅子の回収を依頼する

解体の手間を省きたい場合や自分で座椅子を運び出せない場合は、不用品回収業者に依頼をするのがおすすめです。自治体で処分するより費用はかかりますが、業者がすべての作業を行ってくれるのが最大のメリット。面倒な解体や運び出しを、自分で行う必要はありません。
また、あなたの都合に合わせて回収日時を決められる点も、不用品回収業者の特徴です。予約が空いていれば、即日回収もできます。

電話やメールで簡単に見積もりを取れたり、座椅子以外の不用品も回収してくれたりと、比較的柔軟に対応してくれる業者が多いです。

6.買い替えの際に下取りをしてもらう

座椅子の買い替えを検討しているのなら、下取りサービスを利用するのも手です。下取りサービスを提供しているお店の例は以下の通りです。

島忠ホームズ ニトリ
条件 購入商品と同等、同数 購入商品と同容量、同数
料金 無料 4,400円

お店によって条件や費用が異なったり、そもそも下取りサービスを行っていないお店もあったりします。新しい座椅子を購入する際に、条件をよく確認することが大切です。

7.ネットオークションやメルカリに座椅子を出品する

処分方法⑥ネットオークションやメルカリに座椅子を出品する

まだ使える座椅子を処分するより、売ってお金に変えたい方はネットオークションやメルカリに出品するのも1つの方法です。

出品者側で価格を決められるので、綺麗な座椅子なら高く売れる可能性があります。ただし、座椅子が傷んでいると、必ずしも売れるとは限りません。

出品するまでに、写真をとったり商品の説明文を書いたりと、準備がやや大変な点がデメリットです。

売れるまでの期間、自宅で保管する余裕があれば、インターネットを使った販売も検討してみてください。

8.リサイクルショップに座椅子を買い取ってもらう

座椅子をリサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。

インターネットでは販売するのに価格を自分で考えたり、発送の準備をしたりしなければなりませんが、リサイクルショップなら座椅子を持ち込むだけで売却が完了します。

状態が良くて新しい座椅子であれば、高値で買い取ってもらえる傾向にあります。より高く買い取ってもらうには、隅々まで掃除をした上で、取扱説明書や保証書を揃えておくことも大切です。

買取価格はショップによって異なるので、事前にいくつかのショップに問い合わせをして、比較してから買い取ってもらいましょう。

9.座椅子を処分する際の料金相場

座椅子を処分する際の料金相場は次の通りです。

粗大ごみとして出す場合 ごみ処理施設に持ち込む場合 不用品回収業者に依頼する場合
東京都  400〜1,200円
名古屋市 250〜500円
大阪市  200〜700円
博多市  300〜500円
東京都の場合
200〜1,000円
(地域により料金は異なる)
処分料金1,000〜3,000円
(運搬費は業者により異なる)

地域によって料金は異なりますが、1番安く処分できるのは、粗大ごみとして出す場合とごみ処理施設に持ち込む場合です。

とはいえ、あなた自身が自宅から運び出さなければいけないことを考慮すると、手間が省けて即日回収も可能である、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

10.優良な不用品回収業者を選ぶ際のポイント

優良な不用品回収業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者に座椅子の処分を頼むなら、少しでも良心的な依頼先を探したいですよね。この章では、優良な不用品回収業者を選ぶ際のポイントを解説します。

次のポイントを参考に、業者を選んでみてください。

  • 一般廃棄物収集運搬業を得ているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 所在地や連絡先がはっきりしているか
  • 説明が丁寧か、スタッフの対応は良いか

1つずつみていきましょう。

10-1.一般廃棄物収集運搬業を得ているか

不用品回収業者を選ぶ際は、ホームページに「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ている旨の記載があるかを確認しましょう。

家庭から出る不用品の回収は、市区町村から「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得る必要があります。この許可がない業者は、無許可で営業していることになるので、依頼しないようにしてください。

よく似た許可に「産業廃棄物収集運搬業」や「古物商」がありますが、これらの許可では不用品回収はできないので、合わせて注意しましょう。

10-2.料金体系がわかりやすいか

優良な不用品回収業者の場合、料金体系が分かりやすく、かつ料金の内訳が明確に記載されています。また、追加料金やキャンセル料の発生条件も合わせて確認しましょう。

1社だけではなく複数社から見積もりをとって、価格を比べてしてから業者を決めることが大切です。

中には利用者を混乱させて高額請求することを目的に、複雑な料金プランを作っている業者もあります。優良な業者であれば、料金の内訳について質問しても、親切に答えてくれるでしょう。

10-3.所在地や連絡先がはっきりしているか

所在地や連絡先などの会社情報が明確に記載されている業者は、信頼できる可能性が高いです。一般的な会社は、ホームページに所在地や連絡先を公開しています。

万が一トラブルが発生した場合、連絡先がはっきりしていれば、速やかに対処してもらえます。また、回収当日までに質問がある場合でも、電話やメールですぐに解決できるため安心です。

10-4.説明が丁寧か、スタッフの対応は良いか

回収業者に問い合わせた時のスタッフの対応が親切か、回収等に関する説明が丁寧かといった点も、優良業者か判断する材料の1つです。

回収を担当するスタッフだけではなく、全てのスタッフの対応がいいと安心して作業を任せられます。

ホームページに記載されている、利用者の口コミや評判も参考にしてみてください。

11.悪徳な不用品回収業者に注意!悪徳業者の3つの特徴

悪徳な不用品回収業者に注意!悪徳業者の3つの特徴

全ての業者が優良であればいいのですが、中には悪徳な業者が存在しているのも事実です。次に示すような悪徳業者に依頼することがないよう、注意してください。

  • トラックで巡回している
  • 「無料回収」と大々的に宣伝している
  • 会社情報が見つからない

1つずつ解説します。

11-1.トラックで巡回している

お住まいの地域で「不用品を回収します」とスピーカーで流しながら巡回する軽トラックを見かけたことがある方は多いでしょう。このような業者は、一般廃棄物収集運搬業を取ることなく違法営業している場合が多いです。

見積もりも取らずにその場で回収を依頼すると、座椅子を積み込んでから高額な請求をされるなどのトラブルにつながります。

11-2.「無料回収」と大々的に宣伝している

「いらなくなったもの、無料で回収します」と「無料」を前面に押し出したチラシが、ポストに投函された経験があるかもしれません。一見するとお得な条件と感じるかもしれませんが、一般的に不用品回収には費用がかかります。

「無料」と言いつつ、巡回トラックと同様に金銭トラブルになる可能性があります。さらに座椅子を回収、不法投棄しているケースも考えられるため、安易に依頼してはいけません。

11-3.会社情報が見つからない

ホームページやチラシに記載されている会社情報で、チェックしておくと良い項目は次の3つです。会社名

  • 所在地
  • 連絡先

万が一、これらの項目が見当たらない場合は、違法業者である可能性が高いので、注意が必要です。

ホームページの情報や口コミで不安を感じたら、住所や電話番号が本当に存在するのかも確かめておきましょう。

まとめ:座椅子を処分するなら、不用品回収相談所にお問い合わせください

まとめ:座椅子を処分するなら、不用品回収相談所にお問い合わせください

不要になった座椅子を処分する方法は、主に7つあります。

  1. 自治体の粗大ごみとして出す
  2. ごみ処理施設に持ち込む
  3. 解体して家庭ごみとして出す
  4. 不用品回収業者に依頼する
  5. 買い替えの際に下取りしてもらう
  6. ネットオークションやメルカリに出品する
  7. リサイクルショップに買い取ってもらう

「座椅子を処分したいけど、大きくて運び出せない」「今すぐ処分したい」という人は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収相談所の加盟業者は、市区町村から「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ている不用品回収業者です。電話やメールで簡単に無料見積もりを申し込みできるので、気軽にお問い合わせください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り