回収品目

レンジ台の処分方法5選|費用相場や不用品回収業者の選び方も解説

著者情報

不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事している廃棄物分野のエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。業界団体への講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。 …続きを読む

レンジ台は処分に困る大型家具のひとつです。「レンジ台は何ゴミに分別すればいい?」「手間をかけずにレンジ台を処分する方法は?」と悩むこともあるでしょう。

今回は、レンジ台の処分方法や費用相場を紹介します。不用品回収業者の選び方も解説するので、この記事を読めば、自分に合った方法でレンジ台を処分できるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • レンジ台の処分方法
  • レンジ台の処分にかかる費用相場
  • 不用品回収業者の選び方

1.レンジ台の処分方法5選

レンジ台の処分方法は、以下の5つがあります。

  • ゴミとして処分する
  • フリマアプリなどで売却する
  • 知人などに無料で譲る
  • 販売店の引き取りサービスを利用する
  • 不用品回収業者に依頼する

以下では、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

2.ゴミとして処分する

処分方法①ゴミとして処分する

レンジ台をゴミとして処分する際は、自治体のルールに従い、下記2つのどちらかの方法で捨てることができます。

  • そのまま捨てるなら粗大ゴミ
  • 分解して捨てるなら一般ゴミ

汚れが激しいものや、古く劣化が進んだものはゴミとしての処分を検討しましょう。以下ではそれぞれを詳しく解説します。

2-1.そのまま捨てるなら粗大ゴミ

レンジ台が損傷していたり、汚れがひどかったりする場合、中古品として引取り先を探すのは難しいでしょう。レンジ台を回収場所まで自力で運べるなら、粗大ゴミとして出すのをおすすめします。粗大ゴミの出し方は以下の通りです。

  • 粗大ゴミ受け付けセンターに申し込む
  • シール状の処理券をコンビニなどで購入する
  • 処理券をレンジ台に貼る
  • 指定された日時と場所にレンジ台を出す

大型レンジ台の場合、自治体によっては規定のサイズまで解体して出さなければなりません。また、粗大ゴミは大きさによって手数料が変わるので、申し込み時に確認しましょう。

2-2.分解して捨てるなら一般ゴミ

レンジ台は分解することで、手数料をかけずに一般ゴミとして処分可能です。その際、素材ごとに分別してから捨てる必要があります。以下は一般的な分別区分です。

  • 木材:燃えるゴミ
  • 金属、ガラス:燃えないゴミ

米びつ付きレンジ台などの作りが複雑なものも、可燃部分と不燃部分にしっかりと分けましょう。ただし、自治体により一般ゴミとして出せるサイズや重さの規定は異なります。また、一部の自治体では、解体しても粗大ゴミ扱いになる場合があるので注意が必要です。レンジ台を一般ゴミで処分したい場合は、事前に各自治体のルールを確認しましょう。

3.フリマアプリなどで売却する

レンジ台の状態が良い場合は、中古品として売却する方法もおすすめです。売却するには主に以下3つのサービスが利用できます。

  • リサイクルショップ
  • ラクマなどのフリマアプリ
  • ヤフオクなどのネットオークション

中古のレンジ台は清潔感が重視され、キズやシミがないきれいな状態で、白色のものが好まれる傾向にあります。リサイクルショップでは、カリモクやunicoなどの人気ブランド商品が特に高額で買い取られやすいでしょう。

なお、フリマアプリやネットオークションで売却するときは郵送方法に注意が必要です一部の運輸会社には、梱包を含めた大型家具の配送サービスがあるので、自力での梱包が難しい場合は利用すると便利でしょう。また、引き渡し方法を直接受け取り限定にして買い手を探すのもおすすめです。

4.知人などに無料で譲る

処分方法③知人などに無料で譲る

レンジ台を必要とする人に無料で譲るのも良いでしょう。主な方法は以下の2つです。

  • 知人に連絡して譲り先を探す
  • SNSを活用して地元で譲り先を探す

この方法は、廃棄の手続きや業者の利用料を節約したい人におすすめです。交渉によっては相手に引き取りを依頼できるため、配送費用のコストもカットできます。

地元で譲り先を探すときはジモティーなどのネット掲示板を活用しましょう。また、Twitterで呼びかけることで引き取り手が見つかる可能性もあります。なお、その場合は、トラブルを防ぐために引き渡し条件を相手と事前に確認することが重要です。

5.販売店の引き取りサービスを利用する

レンジ台を処分する際は、購入した店や家具の販売店の引き取りサービスを利用することもできます。各店舗のサービスは以下の通りです。

店名 サービス内容 条件
ニトリ 引き取り 購入商品と同数量、同容量で4,400円
カインズ 引き取り 購入商品と同等の機器、数量まで無料
コーナン 引き取り 購入1点につき同等品1点まで無料
IKEA 買取り IKEA製品に限る

このほかに、楽天に出店している店舗が家具の引き取りサービスを行っていることもあります。引き取りサービスは商品を購入することを条件にする店舗が多いです。一部店舗では、引き取り対象となる商品が指定されていることもあるので、注意しましょう。

6.不用品回収業者に依頼する

処分方法⑤不用品回収業者に依頼する

手間をかけずにレンジ台を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。業者によっては即日引き取りも可能です。不用品回収業者を利用するメリットは以下4つです。

  • プロの分別で確実に処分できる
  • 家を傷つけず安全に運び出せる
  • 大量の処分品もトラックで回収できる
  • 自治体やリサイクルショップで引き取り不可だったものも処分できる

処分に時間をかけられないときにおすすめの処分方法です。なお、不用品回収を依頼する際は、違法な業者の存在に注意しましょう。違法業者に依頼した場合、高額な手数料を請求されるなどのトラブルに遭うおそれがあります。

7.レンジ台の処分にかかる費用相場

レンジ台の処分にかかる費用相場は以下の通りです。

処分方法 費用相場
粗大ゴミ 800~3,000円
不用品回収業者 2,000~10,000円

粗大ゴミ処分の費用相場は自治体によって異なります。品目ごとに価格が設定される場合、相場は約800円です。サイズによって費用が上下する場合、レンジ台の最も長い辺と2番目に長い辺の長さの合計で価格が決まります。1辺が2m以上になる場合、3,000円程度が相場だと言えるでしょう。

一方、不用品回収業者に依頼する場合の費用相場は、2,000~10,000円です。料金設定は業者ごとに異なるので、信頼できる業者に依頼しましょう。

8.不用品回収業者の選び方2選

不用品回収業者の選び方2選

不用品回収業者を利用してレンジ台を処分するときは、以下の2点に注意しましょう。

  • 無料回収を謳う不用品回収業者は避ける
  • 見積もりを複数比較する

不用品回収を依頼する際は、自治体の認可を受けた業者への依頼がおすすめです。ぼったくりに遭わないよう、契約前に確認しましょう。

8-1.無料回収を謳う不用品回収業者は避ける

「無料回収」を宣伝する業者には注意しましょう。特にトラックでの巡回や、チラシの投函のみを行う業者は危険な可能性があります。実際に無料の不用品回収業者を利用して、高額請求の被害に遭った例が以下の2つです。

  • 回収は無料だがリサイクル料を請求された
  • 一部商品は無料だが、ほとんどの商品が有料だった

悪徳業者は「何が無料なのか」という詳細をはっきりさせず、作業後に理由を付けて料金を請求することが多いです。ネット上の口コミもチェックし、怪しい業者はなるべく避けましょう。

8-2.見積もりを複数比較する

不用品回収業者と契約する前に、最低でも3社から見積もりを取りましょう。複数の見積もりを比較して、不明瞭なオプション料金がないかチェックします。主なオプション料金は以下4つです。

  • 養生費
  • 人員追加費
  • 深夜、早朝料金
  • 階段搬出料金

見積もりの金額が安すぎる場合、作業後に高額な追加料金を請求されるケースがあるので注意しましょう。また、見積もり内容に対する質問にはっきりと回答しない業者も避けるのが懸命です。

9.不用品回収相談所のレンジ台回収の流れ

不用品回収業者を利用するときは、各市町村で一般廃棄物収集運搬業の認可を受けた業者が加盟しているゴミ屋敷清掃の不用品回収相談所に依頼しましょう。以下は、不用品回収相談所のレンジ台回収の流れです。

  • お電話またはネットから問い合わせ
  • 現地での下見と見積もり
  • 申し込み
  • 事前準備
  • 回収作業
  • 作業完了の確認、支払い

問い合わせや下見、見積もりは無料で、キャンセル料も発生しません。見積もりを確認し、内容に納得した後で申し込みを行います支払い方法は現金に加え、業者によってはクレジットカードや各種電子マネーにも対応可能しています。加盟店は各市町村の一般廃棄物収集運搬業者なので安心して適正処分をしたい場合は不用品回収相談所へ依頼しましょう。

まとめ:レンジ台の処分は不用品回収相談所にお任せください

まとめ:レンジ台の処分は不用品回収相談所にお任せください

レンジ台の処分方法や費用相場などを解説しました。大型のレンジ台であるほど、運び出しのときに内装を傷つけたり、正しい処分に手間がかかったりすることがあります。素早く簡単にレンジ台を処分したい場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

なかでも不用品回収相談所の加盟業者は、不用品回収業者として自治体から「一般廃棄物収集運搬業」の認可を受けています下見や見積もりは無料で、キャンセル料も発生しないので、安心ですので、ぜひお問い合わせしてみてください。

事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り