目次 目次

回収品目

ソファーベッドの処分方法5選|費用相場や回収を依頼すべきケースも解説

「ソファーベッドはどうやって処分するの?」
「処分費用はどのくらいかかるのだろう」

上記のような疑問を持っている人はいませんか?本記事では、ソファーベッドの処分方法を5つ紹介します。

処分費用の相場や、ソファーベッドの解体方法も徹底解説。不用品回収業者への依頼方法も紹介するので、ソファーベッドをお得に処分したい人は必見です。

この記事を読んで分かること

  • ソファーベッドの処分方法
  • ソファーベッドを処分する費用相場
  • ソファーベッドの処分を不用品回収業者に依頼すべきケース
  • ソファーベッドを解体処分する手順

1.ソファーベッドの処分方法5選

ソファーベッドの処分方法5選

ソファーベッドの処分方法には大きく分けて5つの方法があります。

  1. 粗大ゴミに出す
  2. 買取りを依頼する
  3. 買い換え時に引き取ってもらう
  4. 引っ越し時に引き取りを依頼する
  5. 不用品回収業者に引き取りを依頼する

以下では、各処分方法を徹底解説します。

1-1.粗大ゴミに出す

1つ目の方法は、自治体の規定にしたがって粗大ゴミに出すことです。ソファーベッドの処分方法としては、最もオーソドックスな方法だと言えるでしょう。処分の手順は下記の通りです。

  1. 自治体ホームページに掲載されている「粗大ゴミ受付センター」に連絡をとる
  2. 処分費用と収集日と収集時刻を確認する
  3. コンビニやスーパーで、自治体が指定している処理費用分の有料粗大ゴミ処理シールを購入する
  4. 廃棄するソファーベッドに有料粗大ゴミシールを貼る
  5. 指定された収集日の収集時刻に収集場所へ出す

粗大ゴミとしてソファーベッドを処分するには、2,000円前後の費用がかかります。また、重たいソファーベッドを収集場所まで運ぶ必要がある点には注意しましょう。

1-2.買取りを依頼する

2つ目は、買取りを依頼する方法です。ソファーベッドをリサイクルショップで売却するには、新品または未使用でなければ難しい傾向にあります。

しかし、有名ブランドのソファーベッドや、最新のスペック品なら売れることも。もし捨てる予定のソファーベッドが上記に当てはまるなら、買取りを依頼してみてもよいでしょう。ソファーベッドは重くて運びにくい家具なので、出張買取を依頼するのがおすすめです。

1-3.買い換え時に引き取ってもらう

3つ目は、買い換え時に引き取ってもらう方法です。家具屋によっては、新しいソファーベッドを購入する際、古い方を引き取ってくれることがあります。

ニトリやIKEAでは引き取りサービスを実施しているため、買い換えを検討している人は利用してみましょう。なお、引き取りには条件がある場合もあります。また、アイリスオーヤマのように、引き取りを実施していない店舗もあるので、注意しましょう。

1-4.引っ越し時に引き取りを依頼する

4つ目は、引っ越し時に引き取りを依頼する方法です。引っ越しを機に新しいソファーベッドを購入する場合、引っ越し業者が引き取りをしてくれる場合があります。引き取りを依頼できる引っ越し業者は、主に以下の4つです。

  1. サカイ引越センター
  2. アップル引越センター
  3. アリさんマークの引越社
  4. アーク引越センター

なお、引っ越し業者でのソファーベッドの引き取りは、引っ越しをすることが前提です。引っ越しの予定がないなら、他の処分方法を検討しましょう。なお、クロネコヤマトのように不用品回収サービスのない業者もある点には注意が必要です。

1-5.不用品回収業者に引き取りを依頼する

5つ目は、不用品回収業者に引き取りを依頼する方法です。専門の不用品回収業者に処分を依頼すると、以下の6つのメリットがあります。

  1. 運搬は業者が全て行うので、家から出ずにソファーベッドを処分できる
  2. 捨てたい日や時間帯に処分できる
  3. 新品やブランド品でなくても処分できる
  4. 新しいソファーベッドを購入した後でも処分できる
  5. 引っ越し時でなくても処分できる
  6. ソファーベッド以外の不用になった粗大ゴミも合わせて処分できる

デメリットは、他の方法よりも費用が高くかかりやすいことです。しかし、上記のメリットの利便性を考慮すると、利用を検討する価値はあるでしょう。

2.ソファーベッドを処分する費用相場は?

ソファーベッドを処分する費用相場は?

ソファーベッドを処分する費用の相場を、各処分方法ごとに解説します。下記の表にまとめたので、ご覧ください。

処分方法 費用相場
粗大ゴミ 1,000~2,000円
買取 買取りのため処分費用は不要

(但し買取りは難易度が高く、売却できた場合でも送料を負担しなければならないケースあり)

買い替え時の引き取り 新しいソファー代+4,000~6,000円
引っ越し時の引き取り 引っ越し費用のみ
不用品回収業者への引き取り 7,000~12,000円

粗大ゴミで処分する方法が、ソファーベッドの処分では一般的です。しかし、自身で粗大ゴミ受付センターに連絡をとり、処分費用を確認する必要があります。さらに、粗大ゴミシールをコンビニやスーパーで購入しなければなりません。所定の日時に収集場所まで運ぶ必要もあり、処分には時間と労力が必要となるでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼すれば、希望の日時に、家までソファーベッドを引き取りに来てくれます費用相場は7,000〜12,000円とやや高めですが、好きな時間に自宅にいながらソファーベッドを処分可能です。

3.ソファーベッドの処分を不用品回収業者に依頼すべきケース4選

ソファーベッドの処分を不用品回収業者に依頼すべきケースは下記の4つです。

  1. 粗大ゴミ回収の日と予定が合わないとき
  2. 捨てたいソファーベッドが重くて運べないとき
  3. ソファーベッドがスプリングタイプのとき
  4. 他の家具と一緒にソファーベットを処分したいとき

以下では、各方法を徹底解説します。

3-1.粗大ゴミ回収の日と予定が合わない

ソファーベッドを粗大ゴミとして処分する場合、粗大ゴミ回収日にゴミに出す必要があります。買い替え時や引っ越し時の引き取りになると、特にタイミングが限定されるでしょう。

不用品回収業者なら基本的にいつでも、自分の都合に合わせて回収日を調整可能です。自治体が休みのときでも安心して処分することができます。

3-2.捨てたいソファーベッドが重くて運べないとき

ソファーベッドは非常に重い家具です。重量は1人掛けなら15kg前後、3人掛けなら45kg以上あります。特にアパートやマンションの高層階で暮らしている場合や、高齢者や女性の場合は運ぶのは難しいです。

また、持ち上げられたとしても周囲の視界が塞がれるため、安全面でも問題があると言えるでしょう。無理に運搬すると腰を傷めたり、周りの人にぶつかってケガをさせたりする可能性もあります。よって、重くて運べないときは運搬のプロである不用品回収業者に任せるのがおすすめです。

3-3.スプリングタイプのソファーベッドを処分したい

自治体によっては、スプリングタイプのソファベッドを粗大ゴミとして出せない可能性があります。理由は、スプリング(バネ)が金属製のため、回収後に分別が必要だからです。回収後に分別をする手間がかかるので、スプリングが入っている家具は粗大ごみの対象外としている自治体は多いです。

また、回収の対象であった場合でも、処分費用がプラスされることもあります。スプリングタイプのソファーベッドを粗大ゴミとして出せない場合は、不用品回収業者に依頼するのが無難です。

3-4.他の家具と一緒にソファーベットを処分したい

他にも処分したい家具がある場合、不用品回収業者に依頼すればまとめて回収できます。粗大ゴミでたくさんの家具や家電をゴミに出す際には、運び出しやシール貼りなどを全て自分で行う必要があります。

不用品回収業者に依頼すれば、そのような面倒な作業は必要ありません。気軽にたくさんの家具家電の処分を行いたい人は、不用品回収業者を利用してみましょう。

4.ソファーベッドを解体処分する手順は?

ソファーベッドを解体処分する手順は?

ソファーベッドを解体する手順は、まずソファーベッドのカバー布を切って剝がします。この際、カッターやハサミを使うと比較的容易に剥がすことができます。次に、布を剥がすと中にクッション材のスポンジが入っているので、それを取り出しましょう。部分的に接着剤が付いている箇所もあるので、剥がすときにはカッターやハサミを使うのがおすすめです。

最後に、内部の部品を取り出しましょう。スポンジを剥がすと、中身はソファベッドの骨格フレームと金属のスプリングだけになります。ドライバーでネジを外すことでスプリングを取り外し、フレームをノコギリで分解すれば解体完了です。

上記の作業は重労働であることが多く、慣れた人が実施しても丸一日かかるでしょう。そのため、急いで処分したい場合にはおすすめできないと言えます。

5.不用品回収相談所でのソファーベッド回収の流れは?

ソファーベットの処分は、重量や大きさの観点からも持ち運びが大変です。解体処分も、慣れていないと難しいでしょう。重くて運びにくいソファーベッドの処分を引き受けてくれるのが、不用品回収相談所です。不用品回収相談所でソファーベッドを回収する流れは以下の通りです。

  1. 電話やメールにて無料相談をする
  2. 下見し、見積もりを出す
  3. 見積もりに納得したら申し込む
  4. 養生などの事前準備をする
  5. 回収作業をする
  6. 料金を支払う

不用品回収相談所では、電話やメールでの問い合わせが可能です。不用品回収の現地見積もりは無料で行うことができるので安心です。ソファーベッドの処分を検討している人は、ぜひ不用品回収相談所を利用してみてください。

まとめ:ソファーベッドの処分は不用品回収相談所にお任せください

ソファーベッドには、さまざまな処分方法があります。処分のタイミングや在住地域、また運搬や解体などの作業経験によりおすすめの処分方法は異なります。本記事を参考に、自分に合った方法でソファーベッドを処分しましょう。

安心でおすすめな処分方法は、不用品回収業者に引き取りを依頼することです。中でも不用品回収相談所に依頼すれば、他の不用品回収業者と比較し、下記の特典があります。

  1. 事前の下見対応がいつでも可能
  2. 下見の出張料金が土日祝日や遠方でも無料
  3. 電話・メールでのお問い合わせも可能

不用品回収相談所の加盟業者は市町村から認められた安心の不用品回収業者です。不用品回収のお見積もりは無料ですので、ぜひ一度、不用品回収相談所を利用してみてください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り