目次 目次

回収品目

学習机・勉強机の処分方法は?7つの処分方法や費用、無料で捨てる方法を解説

「学習机・勉強机を安く手軽に処分する方法が知りたい」
「学習机を無料で捨てる方法はあるの?」

このように、学習机や勉強机の処分にお困りではありませんか?

学習机を処分する方法にはいくつかありますが、粗大ごみとして処分するか、あるいは不用品回収業者を利用して回収してもらう方法が一般的です。

無料で処分するのであれば、解体して燃えるごみ・燃えないごみとして処分するのも選択肢の一つです。

この記事を読むことで、以下のことが分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 自分に合った机の処分方法がわかる
  • 今すぐ机を処分する方法がわかる

1.学習机・勉強机を処分する7つの方法

学習机・勉強机を処分する7つの方法

学習机や勉強机を処分する方法には、大きく次の7つがあります。

  • 自治体の粗大ごみとして処分する
  • 解体して燃えるごみ・燃えないごみとして無料で捨てる
  • 不用品回収業者を活用して処分する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • ネットオークションやフリマアプリで出品する
  • ニトリや無印良品の引き取りサービスを使う
  • 学習机を施設に寄付する

無料あるいは安価で処分するのであれば、自治体の粗大ごみや一般ごみとして処分する方法が適しています。ただし、処分するまでに収集場所に運び出したり、解体したりといった手間がかかります。

手間を省いてすぐに処分するなら不用品回収業者の利用を検討しましょう。

そのほか、学習机・勉強机の状態が綺麗であれば、リサイクルショップやネットオークションなどを利用して買い取ってもらう方法もあります。

ここからは、それぞれの捨て方について詳しく見ていきます。

1-1.自治体の粗大ごみとして処分する

学習机は自治体の粗大ごみとして処分することができます。

粗大ごみは家具や家電製品など、一般ごみの指定袋に入らない大きいごみのことです。

各処分方法の中でも、粗大ごみ回収は安価で学習机を捨てられることが特徴です。

ただし、粗大ごみは回収日が少なく、月に1〜2回程度しか捨てる機会がありません。(地域によって異なります)

さらに粗大ごみを捨てるには専用のシールを購入する必要があるほか、事前に予約が必要な場合もあり、処分するまでに時間がかかります。また、粗大ごみの収集場所まで机を運ばなくてはいけません。

粗大ごみの捨て方は各地方自治体によって異なるので、居住地域での詳しい捨て方は自治体のホームページで確認しましょう。

1-2.解体して燃えるごみ・燃えないごみとして無料で捨てる

学習机は解体すれば燃えるごみ・燃えないごみに分別して捨てることも可能です。

解体した部品が指定袋におさまり、袋のくちをしっかり結べれば収集してもらえます。

燃えるごみ・燃えないごみとして捨てる方法は、指定袋代がかかるものの、処分自体は無料でできることが特徴です。

一方、学習机の解体作業は手間がかかります。指定袋に入れるためにのこぎりなどの工具で細かくしたり、金具などの部品は燃えないごみに分別したりしなくてはなりません。

大きい状態のまま収集場所へ持ち運べない、あるいはお金をかけずに机を捨てたいという人は、解体して処分するのがおすすめです。

1-3.不用品回収業者を活用して処分する

不用品回収業者を活用して、学習机を処分するのも選択肢の一つです。

不用品回収業者とは、学習机・勉強机をはじめとした一般家庭の不用品を回収し、リユース・リサイクルしている事業者です。

依頼してから回収までのスピードが早いことが特徴で、早ければ申し込んだその日に机を処分することもできます。自宅から運び出してくれるので、自分で収集場所へ運ぶ労力も必要ありません。

追加料金を支払えば、椅子やデスクライトも一緒に処分することができます。

ただし、粗大ごみや一般ごみとして処分するよりも費用がかかる点に注意が必要です。

多少費用がかかっても、手っ取り早く手間をかけずに机を処分したいなら、不用品回収業者を利用しましょう。

1-4.リサイクルショップに買い取ってもらう

不要な学習机を売ってお金に換えたいのであれば、リサイクルショップに買い取ってもらう方法があります。

リサイクルショップによっては出張査定を行ってくれるところがあり、自分で持ち運びせずとも処分できる可能性があります。

ただし、基本的に学習机・勉強机は買取を断られる可能性が高いです。通常、学習机は10年以上使われているもの。傷や汚れ、劣化などが見られる場合は買い取ってもらえません。

仮に買い取ってもらえても買取額が低いと出張費用から差し引かれて、買取金額が相殺されてしまう、あるいは逆に支払いが必要になることもあります。

有名なメーカーの学習机である場合や、あまり年数が経っておらず状態が綺麗な学習机を処分するのであれば、一度リサイクルショップへ問い合わせてみましょう。

1-5.ネットオークションやフリマアプリで出品する

学習机・勉強机は、ネットオークションやフリマアプリを利用して処分する方法もあります。

ネットオークション・フリマアプリは幅広いユーザーが活用しているため、リサイクルショップでは買い取ってもらえない机でも売れる可能性があります。

ただし学習机はサイズが大きいので、分解したり梱包したり、配達業者まで運んだりといった手間がかかるので注意が必要です。

もし「学習机・勉強机を処分するのがもったいない」と思うのであれば、一度ネットオークションやフリマアプリで出品してみましょう。

1-6.ニトリや無印良品の引き取りサービスを使う

学習机を新しく買い替えるのであれば、家具屋の引取サービスを利用して処分する方法もあります。

引き取りサービスを行っているかどうかは家具屋によって異なりますが、ニトリや無印良品では引き取りサービスを利用できます。

それぞれの引き取りサービスの料金は次の通りです。

ニトリ 無印良品
料金 1回4,400円(税込) 1点3,000円(税込)
引き取り条件 ・購入商品と同数の学習机限定
・配送日の4日前までに依頼が必要
など
・購入商品と同数の学習机限定
など

参照:お客様サポート・よくあるご質問|ニトリ

参照:不用品の引き取り|無印良品

引き取りサービスは無料ではありませんが、不用品回収業者よりもやや安く済ませることができます。

1-7.学習机を施設に寄付する

福祉施設などに学習机を寄付して処分するのも選択肢の一つです。

傷や汚れが少なく、机の状態が良いのであれば寄付することも検討しましょう。

ただし、全ての施設で寄付を受け付けているわけではない上、基本的には机の配送料が自己負担となります。

学習机を寄付するのであれば、一度福祉施設などに連絡して、寄付を受け付けているか、また机の譲り方はどのようにするか問い合わせておきましょう。

2.学習机処分の費用相場は?不用品回収業者とその他処分方法を比較

学習机処分の費用相場は?不用品回収業者とその他処分方法を比較

学習机の処分にかかる料金は処分方法によって異なります。それぞれの費用相場は、次の通りです。

不用品回収業者 粗大ごみ 普通ごみ
料金 5,000~6,000円 1,000~2,000円 無料
(指定袋代が別途かかる)
特徴 ・手間がかからない
・すぐに処分できる
・椅子やライトも一緒に処分できる
・安価で捨てられる
・すぐに処分できない
・収集場所へ持ち運ぶ必要がある
・料金がかからない
・解体する手間がある
・燃えるごみと燃えないごみとの分別が必要

料金を安く抑えるなら、普通ごみあるいは粗大ごみとして処分する方法がおすすめです。解体する手間が気にならないのであれば、普通ごみとして無料で処分できます。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

2-1.無料で処分するなら「普通ごみ」

無料で学習机を処分するなら、普通ごみとして処分しましょう。

ネジやナットなどを取り外し、一つ一つの部品を30cmまで解体すれば、燃えるごみ・燃えないごみに出すことができます。

一般的な学習机の解体方法は次の通りです。

  1. 引き出しなど取り外せるものを全て取り外す
  2. ネジを外す
  3. 金具や部品を取る
  4. のこぎりで30cm以下になるまで切る

また、学習机の解体にはドライバーやゴムハンマー、のこぎりを用意しておきましょう。

2-2.処分にかかる料金を安く抑えるなら「粗大ごみ収集」

できる限り処分にかかる料金を安く抑えるなら、粗大ごみとして捨てるのがおすすめです。

粗大ごみの一般的な処分の流れは次の通りです。

  1. 机の数量や大きさを測る
  2. 粗大ゴミ受付センターへ事前予約する
  3. 処理手数料を支払う(粗大ゴミシールを購入して貼る)
  4. 指定日の当日朝までに指定の場所へ運ぶ

そのほか、ごみ処理を行っている事業所へ直接運んで捨てる方法もあります。

また、粗大ごみの処分手数料は地域によって異なるので、注意しましょう。たとえば東京都新宿区では1,200円、札幌市では1,300円、福岡市では1,000円となっています。

2-3.2階の机や大きい机も手軽に処分するなら「不用品回収業者」

学習机を処分する手間を省き、手軽に処分するなら不用品回収業者を利用しましょう。

不用品回収業者はネットや電話で予約するだけで、手間がかかりません。指定した日時に自宅まで訪問してくれるほか、業者が外まで机を運び出してくれます。

特に、学習机が2階以上にある場合や、一人だけでは部屋から出せない場合などは、不用品回収業者の利用が向いています。

ただし、料金は粗大ごみ処分などと比べて高額です。業者によって異なりますが、5,000~10,000円かかるため、事前に業者への確認が必要です。

3.社会人・大学生は勉強机を処分すべき?置かれ続けることが多い

社会人・大学生は勉強机を処分すべき?置かれ続けることが多い

社会人や大学生になっても、子どもの頃に使っていた勉強机が置かれ続けている人も多いのではないでしょうか。

使っていない勉強机がいつまでも置かれている理由には、大きく次の4つが考えられます。

  • 手間がかかるから
  • 処分する方法がよくわからないから
  • 捨てるタイミングがないから
  • リサイクルショップでは売れにくいから

前の章でもお伝えしたように、勉強机を粗大ごみとしてするには予約が必要など、処分方法が複雑な上、普通ごみと捨てるには解体の手間がかかります。

もしも「勉強机を捨てたい」と思っているものの、今も置かれ続けている状況なら、不用品回収業者の利用をご検討してみてください。

3-1.勉強机を捨てるタイミングはいつ?卒業や就職など節目の時期

「勉強机を捨てるタイミングがわからない」といって、結局置き続けている人もいるかと思います。

勉強机を捨てる主なタイミングは以下の通りです。

  • 大学に入学または卒業する時
  • 就職する時
  • 引っ越す時
  • 最近使っていないと感じた時

勉強机は大きいので、使わないまま置き続けるのは邪魔になります。

もしも大学入学や卒業、就職のタイミングになって、今後勉強机を使う予定がなさそうであれば思い切って処分しましょう。

3-2.引き出しや椅子も一緒に捨てる時の注意点

ここまで、学習机・勉強机を処分する方法についてお伝えしてきましたが、引き出しや椅子も一緒に捨てようと考えている人は多いでしょう。

引き出しや椅子を机と一緒に捨てる時には、追加料金に注意が必要です。

不用品回収業者を利用する場合だけでなく、粗大ごみとして処分する場合でも、粗大ごみの大きさや量によって料金が変動します。

4.不用品回収業者を利用して学習机を処分する流れ

不用品回収業者を利用して学習机を処分する流れ

不用品回収業者を利用して学習机を処分する流れは次の通りです。

  1. 問い合わせ(見積もりの依頼)
  2. 下見訪問・見積もり・査定
  3. 日程調整
  4. 回収作業の実施
  5. 支払い
  6. 処分完了

まずは、不用品回収業者へ問い合わせて見積もりを依頼します。

スタッフが見積もり・査定のために指定の住所まで訪問してくれるので、自宅で待機しておきましょう。査定後の金額に納得いけば、後日回収してもらうか、そのまま回収してもらえます。

回収作業が終わったら料金を支払って学習机の処分が完了です。

多くの回収業者では、訪問時の見積もり査定まで無料で行っています。まずは一度、不用品回収業者へ見積もりを依頼しましょう。

まとめ:学習机を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

学習机を処分するなら不用品回収相談所にお任せください

学習机・勉強机を処分する方法は、大きく次の7つです。

  • 自治体の粗大ごみとして処分する
  • 解体して燃えるごみ・燃えないごみとして無料で捨てる
  • 不用品回収業者を活用して処分する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • ネットオークションやフリマアプリで出品する
  • ニトリや無印良品の引き取りサービスを使う
  • 学習机を施設に寄付する

料金や手間を考えて、自分に合った方法で処分しましょう。

不用品回収業者の不用品回収相談所の加盟業者は、各地域で一般廃棄物収集運搬業の許可を取得している安心の業者です。

電話相談やお見積もり、キャンセル料は無料です。学習机の処分をはじめ、引越しや大掃除などで発生する不用品回収・粗大ゴミの処分にお困りでしたら、ぜひ無料のお見積もりからお気軽にお問い合わせください。

   
この記事の著者
坂本 貴志
坂本 貴志
一般廃棄物実務管理者
坂本 貴志
不用品回収相談所の代表を務め、廃棄物業界に15年従事しており、不用品回収遺品整理ゴミ屋敷清掃引っ越しに伴う粗大ごみ回収・処分サービスのエキスパート。一般廃棄物収集運搬業の許可業者のみを紹介する不用品回収のマッチングサイト「不用品回収相談所」を全国展開し、 業界の健全化をビジョンに掲げて事業を運営している。豊富な経験により、全国の不用品回収の料金遺品整理の料金ゴミ屋敷清掃の料金も知り尽くし、業界団体の講師や廃棄物業者へのコンサルティングなども務めている。
事前下見・お見積り無料

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
回収品目一覧を詳しく見る
Twitter Facebook はてなブログ

以下のような場面で
不用品回収相談所を
ご活用ください

不用品回収相談所では、少量の不用品や粗大ゴミから
一軒家丸ごとのお片付けにも対応しています。
「ゴミ屋敷清掃」「遺品整理」「引っ越しに伴う粗大ゴミ」など、不用品の処分にお困りの際にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

北海道・東北

電話で無料お見積り(受付 8:30-17:30)

ご相談だけでもお気軽にどうぞ050-1780-0431
電話で無料相談 050-1780-0431 メールお見積り